Calendar

<< 2019/7  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

記事一覧

1000人風呂と酸ヶ湯湿原の散策して

2019.07.11 (木)

 ガキ大将の一人旅、日本一長い路線バス、酸ヶ湯に近づくに積雪が2m近づくいたので、室堂の雪の大谷も知らないガキ大将は驚きの連続でした。酸ヶ湯一帯は小さなスキー場です。初回の旅は、横目で見ながら浅虫に向かいました。

 光子と行った時は、湯治客の平屋の建物を左手に見ながら1000人風呂のある本館に暖簾を潜ったのです。仲居さんの差し出すお茶に渇きを潤し、ゆったりした気分を味わいながら、明日の旅路を語り、ひと風呂浴びようと手ぬぐいを肩にかけ、光子に誘ったところ、躊躇していた心を背中を押して、1000人風呂に行きました。
 湯治客は年寄りが多かったのです。しかし、心配は吹き飛んだのです。さすが1000人風呂です。湯気で入ってるおばちゃん・おじちゃんの姿が微かにわかるくらいで陽炎のごとしです。2人でくつろぎながら湯けむりを頬に感じていました。気持ちはゆったり、気分は大船に乗った人魚姫です。体中のほてりを、雪国の冷気に覚ましながら仲居さんの用意した膳に山の幸をほおばったのです。

 朝飯を平らげ外に出ると青森大学をの学生さんがボランテアで湯治客の若者を集めて酸ヶ湯の周りの八甲田湿原の散策の誘いです。私たちも加わり8人ぐらいのトレッキングです。木道を散策しながら1輪草や食虫植物のモウセンゴケを説明してくださいました。その他も説明があったのですが記憶から消えてしまいました。前方に見える八甲田山系は早春のときめきを表現しておりました。1時間ぐらい散策し、若者の好奇心をかりたってくれました。良い酸ヶ湯の思い出を残してツバメマークの路線バスに揺られながら、浅虫温泉に向かいました。

東京には空がない・・・・・・。智恵子抄とヒメマスにかけた男

2019.07.11 (木)

 千恵子は、下町の家々にはさまれた東京の空、あるいは下町の煙突から吐き出される石炭の鼻を衝く黒煙を赤城おろしや筑波降ろしさいなまれ「東京には空がない」精神的にうつになっていった・・・・。最愛の妻の千恵子の心の痛みを思う高村幸太郎は安達太良山のふもとに居を移したのです。そんな心優しい太郎でさへ、勝ち抜け大東亜戦争号「若櫻」12月号で12月8日4度来ると少年志願兵に志願のとばかりに歌い上げています。戦争中は反戦詩人では3度のご飯が食べられなかったのでしょう。

 高村幸太郎は、昭和28年十和田湖の観光に「乙女の像」建てたのです。モデルは最愛の妻、千恵子の裸婦像です。光子と私はの陸奥(みちのく)の旅で奥入瀬渓谷~酸ヶ湯~浅虫温泉に向かったのです。発荷峠より眺める真夏の十和田湖は群青色の水を称え、入道雲の白い世界に包まれていました。十和田湖畔の散策を楽しみ、滝と早瀬そして胸いっぱいに森林浴の心地よい空気をダイナミックに、そんな思いで酸ヶ湯行国鉄バスの乗ったのです。
 奥入瀬渓谷、台風の度に流れを変えていました。3里半ぐらいの少し手前に、酸ヶ湯への湯治客や行商人から金品を奪う「女盗賊の岩の室」はバスからは見ることができませんでした。流れが変わったせいでしょうか。バスの経路が違ったのでしょう。

 奥入瀬の渓流は白い波を立て、真夏でも新緑の木々の葉から、何条にも光彩を放っていました。見るものに旅情をかき立てます。

十和田湖には努力と血のにじむような努力の結果、魚の住まないカルデラ湖から魚跳ねる十和田湖に代わりm温泉旅館、ホテルが客を呼び命のある十和田湖に変化したのです。
 十和田湖は、太平洋に流れ込む河川は奥入瀬のみです。この早瀬を登りきる魚は「ヒメマス」しかいないのですが気が付くまでいろいろな魚で試してみたのですが失敗に帰したのです。海から遡上して、早瀬、滝を登らなければいけないのです。20年以上の歳月をかけて、国の許可なども取り付けたのです。和井内家は家柄がよく、津軽藩の城代家老職で、そんな苦労をする必要なかったのです。
 ヒメマスの放流に成功したのは江戸時代の1858年でした。