Calendar

<< 2020/6  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

記事一覧

中国の国境紛争:パンデミックコロナの隙をつく

2020.06.20 (土)

 中国の露骨な動きが世界をやきもきさせるが、財政基盤の弱い国は、鉄の友情とほめそやし、金をせびっているのです。
 習近平は、全人代で微笑みの影に、何を思っているか無表情で自分に忠誠を誓わないものは、最初に異常なウイルス(新型コロナ)を発見した医師に対し、嘘のデマを流したとして投獄し死亡させたのです。夜な夜な旅人の人肉を食べた羅生門の老婆のようです。

 日本も習近平を国賓として迎い入れるために大声でトランプさんにエールを送れない。
 今、中国は、インドのカシーミルで小競り合いが起き20人前後の死者を出したのです。インドのモデイも、新型コロナで初動で失敗し、天手小舞、ここは自分の失敗をそらすために外の敵に目を向けさせ選挙に有利運ぶ算段です。

 同じ共産圏のベトナムと南シナ海で領有権を争っているのです。
中国は埋め立てて、人工島を作り軍隊を配備し、行政区を作ってしまったのです。これは孫子の兵法です。長い歴史の中で培われたものとしか言いようがありません。

 フイリッピンとも南沙諸島のパグマサ島でも同じ手法で争っているのです。
 日本も尖閣諸島で空母・巡視船などが日本の領海・領空を我が物顔で徘徊しているのです。尖閣諸島は国連で日本の固有の領土と認めているにも関わらずこの始末。日本の護憲派議員の不始末からです。国民の皆さん、尖閣諸島が亡くなってもいいのですか。
 アメリカのクリントン女史でさへ安保の範囲だと言っていたのです。

 日本も韓国と竹島問題で争ってますが、韓国は大統領が上陸したのです。軍隊を置き、灯台を設置し、強硬策に出ているのです。
 北海道に目を転じれば、ロシアと北方四島で係争中です。しかし、こちらは大統領のメドベージュ訪島し、アメリカも安保で守ることは叶わずと明言しているからです。
 理由は昭和20年8月15日はポツダム宣言を受諾した日であって、終戦の日ではないからです。
 終戦は20年9月30日です。日本陸軍は上層部でさえ国際法を知らなかったのです。
 8月15日:武装解除をして、戦えなかったのです。当時の住民はほとんど極楽に行ってしまい、墓参も今はビサなし渡航で可能です。永久に北方四島は帰らないと思います。
 まして、プーチンにとっては、これ以上の屈辱はないでしょう。まして,帰島しても日本にとって財政負担になるだけです。

 その証拠にオホーツク沿岸の網元はロシアに年間1億円払って漁業権を得ているのです。20年以上前の話です。世界一と言われ位の猟場です。プーチンもしたたかです。

製造業こそ日本の生命線:壁の高さが高すぎてテレワーク進まず。

2020.06.20 (土)

 日本人の労働者:厚生・労働省の役人は「高度プロフェショナル制度」を理解しないのです。いまだに童話・桃太郎さんを信じているのですか。
 丹波の国の酒吞童子がアコギなことをしたと信じているのです。京の都に夜な夜な行って財宝を盗んだとは記述されていないのに盗賊呼ばわりしているのです。

 2019年4月に始まった、「高プロ」制度がとん挫しそうです。職種が決まっているそうです。
 研究者・デザイナー・経営・企画・訪問営業・事務は認められていないのです。また、労使間の合意がなければ出来ないと規定されているのです。

 日本人は井の中の蛙です。「ジョブ型」はなぜ普及しないのか。その他大勢は変化を嫌いです。「赤信号、皆で渡れば怖くない。」そんな心境の人が多いのです。「高プロ」は414人どまりなのです。裁量型労働制の導入企業は2.3%なのです。日本人は残業代欲しさに居残る社員がいかに多いかです。

 何を言わずかなです。高級官僚、国会議員、官邸の怠慢に大罪があるのです。そして、国民にも。
 世界のイノベーションは止められないことぐらい解かっているのですが、明治維新の下田のハリスとの間の遅々として進まなっ事は事実が証明しています。そして、ぺりー提督の黒船で動き出したのです。唐人「お吉」入水し、日本国民ために死んだのです。

 また、京都の二条城に慶喜が諸大名を招集し、小松帯刀等によって体制は奉還されたのですが、天皇の大権によって徳川慶喜に政治・外交など権限を委託された形に成っていたのです。孝明天皇の崩御・明治天皇の政治への年齢による弱点露呈によって、また、公卿などの政治に無知を慶喜は利用したのです。薩摩・芸洲・長州藩のクーデターで明治の扉がこじ開されたのです。。
 実は岩倉具視の策略によってです。慶喜は偽の菊のご紋の策略に負けたのです。

 このような激動の時代であっても、従来の制度を最良とする根っこがあるのです。

 このコロナの新常態に変われない国民性と労働基準法が高い壁になっているのです。
 グローバルな世界は新常態が規格になるのです。目を覚ましましょう、国民から。労働基準法の壁を壊すのです。あなたは嫌ですか。ベルリンの壁は今では、見る事さへ叶わないのです。