Calendar

<< 2019/11  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

記事一覧

これが八ヶ岳だ!&高速道路より黄金の収穫を望む。『久喜の瓦屋さん雨漏り奮闘記』太陽光発電(ソーラー)もやってるよ。

2010.09.18 (土)

 http://blog.with2.net/link.php?720512

上記アクセスをクリックしていただけるとブログ掲載の励みに成ります。宜しくお願いいたします。
連絡は0120-58-9901 または0480-58-0301
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 
これが八ヶ岳だ!&高速道路より黄金の収穫を望む。『久喜の瓦屋さん雨漏り奮闘記』太陽光発電(ソーラー)もやってるよ。

TEL0480-58-0301
ご連絡お待ちしております。

八ヶ岳の空は高く、赤岳を望見る事が出来た。
緩やかなスロープを描いて、地平線の緑地に消えてゆく。

そこには、明日の糧が息づいている。
私たちは、大地の恵みを受けて、命をつないでいる。

今日も明日も変わらない営みの中で、
赤ちゃんが生まれ、老いたものが息を引き取る。

この広大な広い大地の中で、そして、この八ヶ岳も、
何百年の歴史の中で、我々に息付いている事を知らせる。

そんな大きな渦の中で、われわれは去年と同じ
営みをしている。

しかし、しかし、気付いてみると
人の世界は、いつもうねりのように、すごい力で、
昨日と違う姿をしているのです。

でも、一人の小さな家族を見ると、
昨日と今日は変わらないのです。

しかし、繰り返しの中で、田植えをし、消毒し、収穫をしているのです。

これも気がついてみると、去年のお米と、
今年のお米は違うのです。

美味しくなって、変わっているのです。
そして、こんな光景も、自分の周りでは、
コンバインが、刈り取ったそばから、
もみ殻を吹き飛ばし、玄米にしているのです。

ハンデンに掛ける光景は
懐かしの中でしか見る事が出来ません。

美味しいお米は、自然の乾燥が一番と聞いたことがあります。
でも、私たちの喉を通る米はハンデンを知らず、
コンバインで田んぼの中で玄米になっているのです。

はるかな思いですらないのです。
何世代も前のお米しかこの事を知らないのです。

懐かしいなあ。ハンデンに掛けられた、黄金色の
お米たち。遠くの旅の空でしか見る事が
出来なくなってしまったのです。

ファイル 617-1.jpg
田園風景と白い雲、青い空、そして八つの峰を持つ八ヶ岳

ファイル 617-2.jpg
里山の風景と八ヶ岳

ファイル 617-3.jpg
そばと善光寺、そんな光景の白いソバの花、威容を誇るリゾート地、八ヶ岳山麓
                           
ファイル 617-4.jpg
ハンデンが心の安らぎを与える甲州の秋

ファイル 617-5.jpg
実る黄金、これこそが、まさに日本の風景

太陽光を推進しよう会の「新瓦博士」
当社ホームページはhttp://www.ogiya.co.jp です。
クリックしましょう。
太陽電池モジュールは寿命が長くて、お得ですよ。

連絡先は
FD 0120-58-9901 

八ヶ岳今昔『久喜の瓦屋さん雨漏り奮闘記』太陽光発電(ソーラー)もやってるよ。

2010.09.17 (金)

http://blog.with2.net/link.php?720512

上記アクセスをクリックしていただけるとブログ掲載の励みに成ります。宜しくお願いいたします。
連絡は0120-58-9901 または0480-58-0301
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 
八ヶ岳今昔『久喜の瓦屋さん雨漏り奮闘記』太陽光発電(ソーラー)もやってるよ。

TEL0480-58-0301
ご連絡お待ちしております。

八つの峰を持つ、裾野の広い八ヶ岳。
高原をのんびりとホルスタイン牛啼く。
赤岳を主峰として、茅野の平野に我ありと
威厳をもつ、単独峰だ。

アラスカのマッキンリーと何となく似た
山群だ。

大学の時、友達と今は思い出の彼女と
4人のパーテイで臨んだ。

すそ野が広く、途中まで登った。
向こうに白い雪山が見えた。

あまりにもすそ野が長いので
茅野の駅から鼻歌交じりで
登った。
向こうの雪山を、赤岳と思った。
下山した。
実は、俺たち八ヶ岳に登っていたんだ。

下山して分かった。
聞く人もいず、失敗の登山だった。
でも、若さっていいもんだ。
こんなことだって、思い出になるんだ。
半世紀の時の流れの中で、噴き出したくなる思い出です。

時が流れて、今の八ヶ岳は、素晴らしいリゾートとして
イギリス村があったり、
子供ずれが楽しめる施設が満載。

茅野の駅の周りは、お土産屋さんと
レストラン、どっかの街に踏み込んだみたい。
これなら間違うことないよね。

でも、はるか昔は、国鉄中央本線の
線路にポーズをとって、
若さって、すごいね。

八ヶ岳の峰々は、遠い昔から変わっていないんだが
すそ野の平野が変わってしまった。
八ヶ岳の景観も、ご飯の種になって、
バスで遊覧、イベント会場、みんなみんな
楽しんで、お金お落とし、地域に貢献してるんだね、

昔のように、茅野の駅を降りて
何もなかったから、間違ってしまったんですね。

どっちがいいのかね。
自然が壊され、お金に変わっていく。
自然がいっぱい。のんびりと時間が過ぎてゆく。

あなたならどっち。
私、聞かずもながですよ。

ファイル 616-1.jpg
大学の時の古屋健ちゃん(故人)と想い出の彼女、光江、そして私
三人でポーズをとって。

ファイル 616-2.jpg
八ヶ岳をバックに。国鉄中央本線です。

ファイル 616-3.jpg

陽光を受けた枯れ尾花。素敵でしょう。
                           
ファイル 616-4.jpg
イギリス村です。

ファイル 616-5.jpg
八ヶ岳の主峰、赤岳です。

太陽光を推進しよう会の「新瓦博士」
当社ホームページはhttp://www.ogiya.co.jp です。
クリックしましょう。
太陽電池モジュールは寿命が長くて、お得ですよ。

連絡先は
FD 0120-58-9901 

ページ移動

  • << PREV
  •   NEXT >>