Calendar

<< 2018/7  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

記事一覧

どうなる。エジプト情勢。火種が次々と上がる。『たかが瓦、されど瓦、世界遺産に使用されている資材だよ。』瓦屋さん・雨漏り奮闘記

2011.02.06 (日)

http://blog.with2.net/link.php?720512
住まいの基本は屋根にあり。屋根は文化だ。芸術だ。
屋根材と外観の材料選びで『素敵』が違う。
上記アクセスをクリックしていただけるとブログ掲載の励みに成ります。宜しくお願いいたします。
連絡は0120-58-9901 または0480-58-0301
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 
どうなる。エジプト情勢。火種が次々と上がる。『たかが瓦、されど瓦、世界遺産に使用されている資材だよ。』瓦屋さん・雨漏り奮闘記

どうなる。エジプト情勢。
イスラエルのガスのパイプラインが爆破された。
イスラム勢力が政権を取ったら、どうなる

CFRインタビュー
ホスニ・ムバラクの功罪
Egypt a Textbook Foreign Policy Dilemma

ジェームズ・ベーカー 元米国務長官


ムバラク政権はイスラム同胞団の影響力に対抗できるような政党が誕生するのを認めなかった。彼が作り上げたのは「私を選ぶか、それともイスラム同胞団を選ぶか」という環境だった。もちろん、「この二者択一でイスラム同胞団を選ぶ者など、誰もいないことをムバラクは理解していた」。問題は、このために、実態のある政党が存在しなくなり、このために、非合法とされているとはいえ、いまやイスラム同胞団の動きが注目されていることだ。また、辞任と国外退去を求めて大規模なデモが続くなか、一方では、デモが極度の混乱と無法化を呼び込んでいることに怒りを感じている人も多い。エジプト人の多くが「もう十分だ」と感じている。アメリカにとっての外交ジレンマは、「原則と価値」、つまり、民主主義、人権、自由が擁護されるように配慮する一方で、われわれの国益も重視しなければならないことにある。

  • -------------------------------------------------------

<ムバラクとは何者だったのか>

――エジプトのムバラク大統領は「次期大統領選挙に出馬しない」と表明した。問題はこれで民衆が納得するかどうかだ。あなたは、彼が大統領になる前からムバラクのことを知っている。彼はどんな人物なのか。

 私が最初に彼にあったのは、ムバラクがエジプトの副大統領だった時代だ。1980年の一連の選挙の余波のなかにあったワシントンを、彼は副大統領として訪問し、当時、私はホワイトハウスの首席補佐官に任命されていた。

よく覚えているのは、将軍にしかできない横柄な態度で部屋に入りこんできて、開口一番、「戦車はどこにある」と私に言ったことだ。アメリカがエジプトに提供することを約束した戦車がまだ届いていなかったからだ。

 その後も、私はムバラクと密に接触してきた。ホワイトハウスの首席補佐官としてだけでなく、財務長官としてエジプトへのIMF融資プログラムにもかかわった。その後も、国務長官として中東和平や湾岸戦争をめぐってムバラクとは密接に協議を重ねた。

シリアを多国籍軍に参加させる上でも、湾岸戦争後のマドリッド中東和平会議開
催をめぐっても、私はムバラクと密接に協議した。ムバラクは非常に大きな役割を
果たし、貢献してくれた。だが、エジプトの人権と自由をめぐるわれわれの要請を
彼が受け入れることはなかった。(J・ベーカー)

―― 湾岸戦争へのムバラクの態度はどうだったのか。

 アメリカ、そして国際社会の立場に理解を示し、非常に協力的だった。

 ムバラクは相手に接触する必要があると考えると、すぐに受話器をとって電話をかけるタイプの人物だった。例えば、中東和平プロセスについて(私と話しているさなかに)、シリアのハフェズ・アサドを電話で(その参加を)説得しようと試みたこともある。

 シリアを多国籍軍に参加させる上でも、ムバラクは大きな役割を果たした。多くの人が忘れてしまっているが、クウェートを解放した多国籍軍にはアラブ諸国の軍隊、例えば、エジプトとシリアの部隊も参加している。

 さらに、湾岸戦争後のマドリッド中東和平会議開催をめぐっても、私はムバラクと密接に協議した。この会議を成功させる上で、ムバラクは非常に大きな役割を果たしてくれた。

 エジプトがソビエトとの関係を諦めて、アメリカとの同盟関係に入って以降、エジプトは、中東の政治と安全保障をめぐり非常に有益なアメリカのパートナーだった。だが、国内では人権問題を抱えていたし、民主化は進展しなかった。政治改革を試みるように求めたが、彼がそれに応じることはついになかった。歴代の米政権は、一貫してムバラクに政治改革を実施するように求めてきたが、結局、改革は実施されなかった。

 ムバラク政権はイスラム同胞団の影響力に対抗できるような政党が誕生するのを認めなかった。彼が作り上げたのは「私を選ぶか、それともイスラム同胞団を選ぶか」と環境だった。もちろん、この二者択一でイスラム同胞団を選ぶ者など、誰もいないことをムバラクは理解していた。

 もう一つ言いたいことがある。エジプトのケースは、外交政策の遂行がいかに難しいかについての、教科書に書いてあるような典型的事例だということだ。

 アメリカの外交政策を形成していく上で、われわれは「原則と価値」、つまり、民主主義、人権、自由が擁護されるように配慮しなければならない。だが一方で、われわれの国益も重視しなければならない。 「原則や価値」と「国益」がエジプト外交では、(ここに述べた理由から)まさに衝突してしまうことが多い。

<エジプトの行方と地域的余波>

―― エジプトは今後、どこへ向かうと思うか。

 多くの人々がエジプトの今後のことを心配していると思う。特に、イスラエルでは状況を憂慮している人々が数多くいる。すでに(エジプトの)イスラム同胞団は、ムバラクがいなくなれば、(和平条約を破棄すると表明し)イスラエルを攻撃すると示唆している。エジプトが多くのアラブ諸国に大きな影響力を持っていることを忘れてはならない。エジプトはアラブで最大の国家だし、人口8500万のアラブ世界の指導国だ。現状は、非常に大きな危険に満ちている。どのような結末になるかは、今後の展開を待つしかない。

―― オバマ大統領が明確にムバラクに退陣するように求めたことはやり過ぎだと思っているか。

 いや、オバマ政権は適切な対応をしていると思う。先に指摘した外交政策のジレンマの具体例だ。原則と価値を尊重しなければならないが、国益も重視しなければならない。例えば、エジプトで危機が起きた初日に、オバマとクリントン国務長官が、ムバラクの足をすくうような発言をしていれば、ひどいことになっていただろう。中東の同盟国に非常にネガティブなメッセージを送ることになったはずだ。だが、現実はそうではない。オバマ政権は適切な対処をしていると思う。

――中東のアラブ諸国の指導者は状況に危機感を抱いていると思う。サウジやヨルダンに指導者は現状をどうみているだろうか。

 君主国のサウジやヨルダンは状況が違うが、ヨルダン、アルジェリア、イエメンでも抗議デモが起きている。

―― 中東の君主国の体制は揺るがないとみているか。

 必ずしもそうは思っていない。サウジにも貧しい人々は数多くいる。だが、彼らは失業していても、家を所有しているし、政府からの援助もある。サウジの自由や人権については不満を持っている人はいるだろうが、エジプトのような貧しさに苦しんでいる人はいない。

―― イスラエルはエジプトの現状に大きな危機感を持っているようだ。

 エジプトの急激な変革を望んでいないイスラエルにとっては、現状は非常にやっかいだし、そうみなす根拠も持っている。危機にさらされるものが非常に大きいからだ。いかなる結末になるとしても、隣国のエジプトを過激派イスラム勢力の国にしないことが重要だと考えている。

―― 専門家の多くは、自由選挙を行っても、イスラム同胞団は大きな支持を集められないと考えている。だが、他に有力な政党はあるのか。

 現状では、他には実質的な政党は存在しない。政党を組織して、キャンペーンを展開するにはそれなりの時間がかかる。現在、イスラム同胞団は非合法化されている。選挙に参加できるようになるのかどうか、わからない。確信はないが、私の理解では、イスラム同胞団はエジプトの政治社会の30%程度を代弁していると思う。

――ムバラクは次期大統領選挙には出馬しないと表明した。これに対してアメリカの国務長官は声明を発表しなければならない。あなたが現役の国務長官なら、どのような内容の表明にするだろうか。

 オバマ政権は、危機の初日あたりから、その可能性に備えて準備していた。(明確ではないか)足下をすくうような路線をとるかもしれないと示唆したタイミングが早すぎたのは事実だ。その後、オバマ政権はより穏健な路線へと転じた。民衆と政府のどちらかに荷担するようなことは言わなくなった。

 われわれの原則や価値、そして国益からみて、そのどちらにも利害を持っていたからだ。つまり、オバマ政権は、まずこれまでのムバラクの業績を評価する声明を発表し、彼がその意味合いを受け入れるかどうか様子をみるべきだったと思う。おそらくオバマ政権はムバラクが次のように言うことを期待していたと思う。「わかった。辞任しよう。私が表明した改革については移行政権が進めていくことになる」。

 彼が辞任すれば、デモ参加者たちもこれを受け入れると考えてもよいだろう。民衆はそれ以上のことを望んでいないからだ。

 一方で、エジプトにはデモが作りだした状況に腹を立てている人も数多くいる。デモのせいで食料品を調達できなくなり、荒らされた古代遺跡もある。極度の混乱と無法化に怒りを感じている人も多い。エジプト人の多くが「もう十分だ」と感じていると思う。●

Jams Baker レーガン政権でホワイトハウス首席補佐官と財務長官を務め、ジョージ・H・W・ブッシュ政権では国務長官を務めた。

TEL0480-58-0301
ご連絡お待ちしております。

ファイル 784-1.jpg
エジプトも皆さんが思っている以上に国際都市ですよ。
ピラミッドのある高台よりカイロ市内を撮影

ファイル 784-2.jpg
キザのピラミット
エジプトは人口の70%画観光で生計を立てているのです。
生活が成り立たず、今度のデモを快く思わない人も多数存在することです。

ファイル 784-3.jpg
ブブガのイスラム女性とイスラム寺院

                           
ファイル 784-4.jpg
ナイル川とカイロタワー
全て人々はお金の為に働き、戦っているのです。

ファイル 784-5.jpg
エジプト最大の回教寺院。「ガーミア・ムハン・アリ寺院」

太陽光を推進しよう会の「新瓦博士」
当社ホームページはhttp://www.ogiya.co.jp です。
クリックしましょう。
太陽電池モジュールは寿命が長くて、お得ですよ。

連絡先は
FD 0120-58-9901 

ナイトクルーズのベリーダンスは悩ましいね。『久喜の瓦屋さん雨漏り奮闘記』太陽光発電(ソーラー)もやってるよ。

2010.11.19 (金)

 http://blog.with2.net/link.php?720512

上記アクセスをクリックしていただけるとブログ掲載の励みに成ります。宜しくお願いいたします。
連絡は0120-58-9901 または0480-58-0301
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 
ナイトクルーズのベリーダンスは悩ましいね。『久喜の瓦屋さん雨漏り奮闘記』太陽光発電(ソーラー)もやってるよ。

今日がエジプト最後の夜です。
豪華なナイトクルーズです。

ナイル川に光を写すカイロの夜景を堪能して、ツタンカーメンの墳墓の入り口を守る、状を持った番兵が、我々を威嚇しながら、迎えてくれました。

生演奏の音楽が、ガンガン響き渡り、ドリンクが振る舞われ、
そうこうしているうちに、音楽が悩ましくなり、腰をくねらせながら、美人のダンサーが登場致しました。

このベリーダンスはエジプトは本家だそうです。
この悩ましい踊りを妻と見るのは持ったない気がいたしました・・・・・・・。

エジプトの踊り子には見えない白人のような白い肌をし、素足で露出した太ももは本当に悩ましいです。

30分ぐらい踊ったであろうか、今度はイスラム人特有なターバンみたいなものを頭に巻き付け、ものすごい速さで回転させ、踊り手の衣装が色々な形を変えてコマのようになったり、また大きな大きなメキシコ人の帽子のようになったりしながら客席を踊りながら、サービスしておりました。

これで、エジプトの旅も最終章です。
素晴らしかった、ナイルの物語が夢を見ているように、浮かんでは消えナイルの河に吸い込まれる気分でした。

TEL0480-58-0301
ご連絡お待ちしております。

ファイル 694-1.jpg
近代国家の様相をとうとうと流れるナイルに写して。

ファイル 694-2.jpg
悩ましいベリーダンス。

ファイル 694-3.jpg
生足で悩ましい魅力を振りまくダンサー。
ウフフフフ・・・。

                           
ファイル 694-4.jpg
イスラムの戦士を彷彿させる勇壮な踊り。

ファイル 694-5.jpg
日本の獅々舞に似た踊り手とベリーダンサーの共演

太陽光を推進しよう会の「新瓦博士」
当社ホームページはhttp://www.ogiya.co.jp です。
クリックしましょう。
太陽電池モジュールは寿命が長くて、お得ですよ。

連絡先は
FD 0120-58-9901 

世界4大博物館エジプト考古学博物館にやってきました。『たかが瓦、されど瓦、世界遺産に使用されている資材だよ。』瓦屋さん・雨漏り奮闘記

2010.11.15 (月)

http://blog.with2.net/link.php?720512
住まいの基本は屋根にあり。屋根は文化だ。芸術だ。
屋根材と外観の材料選びで『素敵』が違う。
上記アクセスをクリックしていただけるとブログ掲載の励みに成ります。宜しくお願いいたします。
連絡は0120-58-9901 または0480-58-0301
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 
世界4大博物館エジプト考古学博物館にやってきました。『たかが瓦、されど瓦、世界遺産に使用されている資材だよ。』瓦屋さん・雨漏り奮闘記

TEL0480-58-0301
ご連絡お待ちしております。

ファイル 692-1.jpg
エジプト考古学博物館で燦然と輝くツタンカーメンの黄金のマスク

ファイル 692-2.jpg
ツタンカーメン王の墳墓を守っている杖を持った番兵

ファイル 692-3.jpg
付いたんカーメン王のミイラを収納していた棺
                           
ファイル 692-4.jpg
ツタンカーメン王の黄金の椅子

ファイル 692-5.jpg
写実主義を実践したアクエンアテン王像

太陽光を推進しよう会の「新瓦博士」
当社ホームページはhttp://www.ogiya.co.jp です。
クリックしましょう。
太陽電池モジュールは寿命が長くて、お得ですよ。

連絡先は
FD 0120-58-9901 

エジプト一の回教寺院「ガーミア・ムハンマド・アリ」も世界遺産ですよ。『久喜の瓦屋さん雨漏り奮闘記』太陽光発電(ソーラー)もやってるよ。

2010.11.14 (日)

http://blog.with2.net/link.php?720512

上記アクセスをクリックしていただけるとブログ掲載の励みに成ります。宜しくお願いいたします。
連絡は0120-58-9901 または0480-58-0301
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 
エジプト一の回教寺院「ガーミア・ムハンマド・アリ」も世界遺産ですよ。『久喜の瓦屋さん雨漏り奮闘記』太陽光発電(ソーラー)もやってるよ。

エジプトには世界の世界遺産の60%が存在しているそうです。
そして意外と知られていなのが、イスラム寺院がカイロだけで1,000以上あってそのうち300が世界遺産でそうです。

しかも、ガーミア・ムハン・アリはトルコのイスターブールにあるガーミアをまねて作ったそうです。

設計者が同じ人です。
この回教寺院は、シャンデリアとランプの明かりが素晴らしく、
私の知りえる回教寺院は、偶像崇拝はいけないという事で、寺院内部はどこもがらんとして、日本人としては非常に物足りないのですが、このガーミア・ムハンマド・アリは違っておりました。

シャンデリア・ランプ・天井の装飾・ステンドグラスどれをとっても第1級品です。

このガーミアで嬉しいハプニングありました。
寺院から、薄もやのかかったようなカイロの街並みを考えながら、構図を決めている時です。
イスラム教の女性が何やら、私に声をかけてくださいました。
目の美しい、あの目のみしか見えない民族衣装の「ブブカ」着た女性がです。

しぐさで、私の写真が撮りたいのかと尋ねているように感じられたものですから、カメラを向けてOKか。というメッセージを手振りで知らせましたところ、OKのサインが感じられました。

すると旦那さんが一緒に取ろうと寄ってきました。
すると、彼女は旦那様に、『あなたではない。私なんだ。あなたが邪魔よ」そんな会話を感じました。

彼女はガーミア・ムハン・アリをバックにポーズをとって下さいました。
本当にラッキーです。
私の知識の中では、ブブカを着用した女性の写真はイスラム圏では撮影してはいけません。そんな気持ちでしたから、心はワクワクしておりました。

素敵なガーミア・ムハン・アリの一瞬でした。
高級カメラを持っていた特典かもしれませんね。

TEL0480-58-0301
ご連絡お待ちしております。
ファイル 690-1.jpg
鉛筆形の尖塔と円棟の屋根を持つガーミア・ムハン・アリの回教寺院

ファイル 690-2.jpg
ガーミア・ムハン・アリでサルタンの衣装をつけて、皇帝になってキリスト教の軍勢を迎え撃ちするぞ。
絵になりますか。

ファイル 690-3.jpg
ラッキーラッキー。ブブカ着用の女性の写真が撮影できて。
ガーミア・ムハン・アリのバックがよいでしょう。

                           
ファイル 690-4.jpg
ガーミア・ムハン・アリの廻廊です。
美しいと思いませんか。
誰もおりません。素敵でしょう。

ファイル 690-5.jpg
ガーミア・ムハン・アリの内部です。イスラム寺院の内部です。
信じられますか。シャンデリアにランプの美しいバランス。
ワンダフル。ワンダフル。

太陽光を推進しよう会の「新瓦博士」
当社ホームページはhttp://www.ogiya.co.jp です。
クリックしましょう。
太陽電池モジュールは寿命が長くて、お得ですよ。

連絡先は
FD 0120-58-9901 

アスワン名物フルーカに乗ってアフリカのリズムを満喫致しました。雨漏り奮闘記 さいたまの屋根屋のおっさん

2010.11.13 (土)

 http://blog.with2.net/link.php?720512
上記アクセスをクリックしていただけるとブログ掲載の励みに成ります。宜しくお願いいたします。

連絡先は埼玉県
FD0120-58-9901  TEL 0480-58-0301

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
  アスワン名物フルーカに乗ってアフリカのリズムを満喫致しました。雨漏り奮闘記 さいたまの屋根屋のおっさん

アフリカのからっとしたナイルの風を、フルーカに乗って身体いいぱいに満喫し、妻の笑顔と心地よい汗をかきました。

アフリカのタンバリンの速いテンポに、思わず体を動かし、楽しいひとときでした。

クルーカから見るアスワンは、でっかく見え、まじかに対岸の景色がありました。

のんびりと、ゆったりと時間に縛られず、ナイルのさざ波を見ながら、過ごしました。「時間よ止まれ」と叫びたくなりました。

いつも、仕事の中で、時間と戦い、世俗的な思いで頭の中は、はち切れそうな想いが、体中空っぽになって、アフリカの風を感じていられるなんて、幸せを感じております。

こんな事いつまでも続いたらいいなと思う反面、旅の日程が終りに近ずくと、現実のモードに身体が切り替わってゆくのです。

悲しいかな、仕事人間なんですね。・・・・・・・・・。

                        
ファイル 688-1.jpg
宿泊したホテルをバックにナイルの風を受けてフルーカの船員さんとスナップ

ファイル 688-2.jpg
アフリカのリズムに乗って踊りました。

ファイル 688-3.jpg
ナイルの風を帆いいぱいに受けて、ナイルの一日を楽しみました。


ファイル 688-4.jpg
エジプトの名産絨毯工場です。
子供たちが絨毯織りを一所懸命習得しようとしております。

埼玉の屋根屋のおっさん『ルーフ』

当社ホームページは
http://www.ogiya.co.jp/です。
クリックしましょう。
連絡先は埼玉
FD0120-58-9901  TEL 0480-58-0301

映画のロケが行われたアスワンのオールドカタライトホテルな宿泊致しました。『久喜の瓦屋さん雨漏り奮闘記』太陽光発電(ソーラー)もやってるよ。

2010.11.12 (金)

http://blog.with2.net/link.php?720512

上記アクセスをクリックしていただけるとブログ掲載の励みに成ります。宜しくお願いいたします。
連絡は0120-58-9901 または0480-58-0301

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
アスワンは私にとって、ナセル大統領が中東第1時戦争によって、
エジプトを植民地支配から脱却して、経済的に国際社会で自立していく戦争を引き起こした。それが、アスワンに巨大なダムを造り、ナイル川の氾濫を鎮め、観光ののみの経済体制から工業国家への歩みの一歩を記したダム建設のイメージがあります。

アスワンに来て、アスワンの地でナイル川が大きく曲がり、川幅も狭まり、美しい景勝地であることに驚きました。

また、ナイロメーター呼ばれるナイル川の氾濫を予知する、水位計があるのもこの土地なのです。

そして、2000KM及ぶサハラ砂漠のどん詰まりです。
サハラの砂をペットボトルに入れて持って帰りました。

私たちが宿泊したオールドカタライトホテルはアスワン切っての
名門ホテルで、映画のロケ地です。

スペイン風のモロッコのゴルドバのホテルに似ておりました。
そのホテルのテラスで、アスワンの景勝地を鑑賞しながらの珈琲は素敵な至福の時をすごす事が出来ました。

 
TEL0480-58-0301
ご連絡お待ちしております。

ファイル 686-1.jpg
オールドカタライトホテルのプールサイドにて、日光浴をする外国人観光客
絵になるでしょう。

ファイル 686-2.jpg
ナイルの洪水を予見するナイロメータも見られるアスワンの風景。
対岸の景観は全て遺跡です。

ファイル 686-3.jpg
ナイル川は、このアスワンで大きく曲がり、川幅も狭まっております。
ナイル川を感染が行きかっております。
対岸の遠くはサハラの砂漠です。

                           
ファイル 686-4.jpg
ペットボトルに入れてサハラの砂を持ち帰りました。
木彫りのラクダを置いて楽しんでおります。

ファイル 686-5.jpg
アスワンで一番の景勝地です。
この景観を望みながらの珈琲は至福の時を与えてくれました。

太陽光を推進しよう会の「新瓦博士」
当社ホームページはhttp://www.ogiya.co.jp です。
クリックしましょう。
太陽電池モジュールは寿命が長くて、お得ですよ。

連絡先は
FD 0120-58-9901 

虚構化現実化。でも素晴らしいよ。ライトアップは。『久喜の瓦屋さん雨漏り奮闘記』太陽光発電(ソーラー)もやってるよ。

2010.11.09 (火)

http://blog.with2.net/link.php?720512

上記アクセスをクリックしていただけるとブログ掲載の励みに成ります。宜しくお願いいたします。
連絡は0120-58-9901 または0480-58-0301
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 
虚構化現実化。でも素晴らしいよ。ライトアップは。『久喜の瓦屋さん雨漏り奮闘記』太陽光発電(ソーラー)もやってるよ。

TEL0480-58-0301
ご連絡お待ちしております。

静寂の中に、数条の光線が
夜空を染めてゆく
あたかも真昼のような光景を
映し出す。しかし、低い位置の
片光は、現実を超越して、
虚構の世界を造る。

我々虫の如く
光に吸い寄せられ、
虚構の世界に酔いしれる
あたかも本物のように

此処が数千年の世界を
時空を飛び越えて
誘うナイルのオアシス
そして、太古の都テーベなのだ

テーベからルクソールへ
光は夢の世界に迷い込ませる
神々が光の中で
出会い、恋をして
朝日に消えてゆく

ファイル 682-1.jpg
列柱の傍らにイスラム寺院が尖塔から光を放っております。

ファイル 682-2.jpg
ラムセス2世の中庭と列柱

ファイル 682-3.jpg
若い女性をシルエットに幻想的な世界を造り出す
ラムセス2世の中庭
列柱に描かれた壁画もとっても素晴らしく映し出されております。

                           
ファイル 682-4.jpg

オベリスクと一対の
ラムセス2世の座像が黄金に輝き、エジプトに来てよかったなとつくずく感じます。

太陽光を推進しよう会の「新瓦博士」
当社ホームページはhttp://www.ogiya.co.jp です。
クリックしましょう。
太陽電池モジュールは寿命が長くて、お得ですよ。

連絡先は
FD 0120-58-9901 

ページ移動