Calendar

<< 2018/7  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

記事一覧

ライトアップのモンスター

2017.03.18 (土)

瓦の歴史は古く、新聞紙上に時代考証を証明する和瓦の出品の数々、連弁模様、に見る各時代の特徴、あの有名な井上靖の「天平の甍」(鑑真和上)
はご存知でしょう。織田信長が建立した濃姫の黄金の館も発掘の
きっかけは瓦の出土なのです。

しかし、あまりにも日常に瓦が存在するために、観光地の観光資源として、見られていないのです。

得て申し上げるならば、沖縄の竹富島や、尾張名古屋の金の鯱ホコぐらいでしょう。

倉敷、茂原、川越、浅草の雷門ぐらいでしょう。
悲しいかね。

日本の瓦屋根。瓦万歳。 久喜・蓮田・白岡・幸手・加須・宮代・伊那・古河のみなさんよろしく

右側上の扇谷フォトアルバム「国内旅行」「海外旅行」もご覧ください。
素敵な写真が沢山ありますよ。

ファイル 1683-1.jpg
グリーンのライトに浮かび上がる樹氷のモンスター。
中国・台湾の観光客が雪上車に乗って大喜びでした。

ファイル 1683-2.jpg
蔵王の最後のケーブルカーの駅付近の付近のモンスターに、写真撮影する観光客。

ファイル 1683-3.jpg
電球系の温かみのある照明の樹氷群

ファイル 1683-4.jpg
中間駅あったモンスターより幽霊に近い霧氷の群れ

ファイル 1683-5.jpg
霧氷にポーズをとる光子

$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$

今日はお彼岸の初日。先日光子の実家の富田家の墓参りに行きました。

今日は、母安の墓参りと兄久男家の墓と、小川家の墓にお線香と花を手向け、歯医者にいて、熊太郎、。音二郎、仁平の3軒のお墓まりを済ませ、熊太郎・音二郎・高次郎共50重大でなくなったことを知りました。

フミエは昨年(平成28年10月)佳子は今年、平成29年1月に没したことを知りました。

南無阿弥陀仏・・・・・・・・。

蔵王モンスター

2017.03.16 (木)

ファイル 1682-1.jpgファイル 1682-2.jpgファイル 1682-3.jpgファイル 1682-4.jpgファイル 1682-5.jpg

蔵王のモンスターは世界で見ても大変貴重な現象で、日本でも、いや世界でも蔵王と八甲田しかできないのです。

日本海の湿った雪、トドマツ、マイナス10℃~15℃などいろいろな条件がそろはないとできないのです。
以下、状の項目をコピーしました。興味のある方はお読みください。
樹氷と霧氷は全然異質なのです。
エベレストの霧氷は、上昇気流に乗ってできるため、谷川の一方にしか発生しないのです。

強風と寒さの条件下だからなのでしょう。
日本では、全面にできます。

冬の蔵王の気象

シベリアからの北西の季節風は、日本海の対馬暖流(夏は25℃くらい、冬でも10℃前後)から多くの水蒸気をもらって雪雲をつくります。雪雲は朝日連峰で上昇して多量の雪を降らせます。雪雲は山形盆地を通って、再び蔵王連峰で上昇して雪を降らせます。そのときの雲のなかは、多くの雲粒が0℃以下でも凍らない過冷却水滴になって、雪とまじりあった状態になっています。蔵王の1〜2月頃は快晴の日が少なく、風向きは北西から西を示し、平均風速10〜15m/s、平均気温マイナス10〜マイナス15℃の吹雪の世界です。樹氷はこうした気象条件のなかで成長します。

樹氷のできる条件

蔵王の樹氷は、亜高山帯に生育する針葉樹のアオモリトドマツが雪と氷に覆われてできます。そのしくみは、
着氷雪雲の中の雲粒(過冷却水滴)が枝や葉にぶつかって凍りつくとエビのシッポができ、着雪そのすき間に多くの雪片がとり込まれ、焼結しかもこれらが固くなっていく。という一連の現象が繰り返されることで説明されます。

樹氷ができるまで

11月〜12月 初期 アオモリトドマツは、季節風で運ばれた雲粒(過冷却水滴)による着氷と着雪で覆われはじめる。
1月 成長期 風上に向かってエビのシッポが発達し、着雪も盛んに起こってくる。
2月 最盛期 着氷と着雪が最も盛んで、大きな樹氷に成長する。
3月 衰退・
倒壊期 気温の上昇で樹氷はとけて細くなり、また雨などで一気に倒壊する。

***********************************************************

ケーブルのツーショット&モンスター

2017.03.15 (水)

公明党も節度がないですね。小池新党「都民ファースト」の前に選挙に受からなければ軍門降ってさ。
稲田防衛長官の森本学園で四苦八苦。釈明の説明。足取りが重そうですって。

豊洲市場には幽霊が出る見たいですね。法律的には問題がないそうですが、生鮮食品を扱うのでだめって何ですか。

日本もサウジの役に立って、経済的によくなれば・・・・・・。
孫さんどこまで貪欲なのでしょうかね。サウド王も投資額に25分の会談でご満悦。

\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\

ファイル 1681-1.jpg
歳を取りました。ケーブリカーの中で

ファイル 1681-2.jpg
前回と違ってモンスター・スターの近くに行けない様にロープが張ってありました。
事故が起きたそうですね。

ファイル 1681-3.jpg
喜びを表げbbする光子

ファイル 1681-4.jpg
モンスターに形に合わせて。

ファイル 1681-5.jpg
青空だったらよかったのですが。
下界は晴れておるんですが雲が沸き上がって。
でも、前回よりはよいです。

雪の東北へ(蔵王モンスター)

2017.03.14 (火)

右側上の扇谷フォトアルバム「国内旅行」「海外旅行」もご覧ください。
素敵な写真が沢山ありますよ。
屋根の施工・住まいの点検・鬼瓦の色々・世界の瓦屋根のフォット・ガイドイン工法・全国瓦工事連盟・埼玉瓦工事組合連合会の活動・見ても面白い写真集があります。ぜひご覧ください。
ファイル 1680-1.jpg

霧氷の林の上空をケーブルカーは行きます。
このケーブルカー東武鉄道が運営しております。

ファイル 1680-2.jpg
針葉樹林の霧氷帯です。
青空の中をダイナミックな景観が醸し出します。
遠望の山々が蒼く波を打っております。

ファイル 1680-3.jpg
ゴンドラが白い霧氷の映えております。

ファイル 1680-4.jpg
針葉樹林の霧氷帯

ファイル 1680-5.jpg
スキヤー・ボ―ドの若者の爽快に楽しんどります。

&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&

サウジアラビアのサウド王が46年ぶりに来日。
ジャンボジエット何台で来日でしょうか。
都内にタクシー不足:ホテル不足だそうですね。

何台も続く車列,都民は困惑と喜びが交錯。
日本の経済もサウジの経済特区で活況着けばよいですね。

中国のリニアの売り込み、また、有り余る元を並べて横取りされるのが心配ですね。
日本は軍事支配の心配がなく、中立が最初の訪問国になったのでしょう。
サウジアラビアなどの中東が近くなるでしょう。
さうじは独裁政治の良い面がりますね。即断即結、民主主義は揺れの政治ですね。

韓国と違って、日本は、首相に絶大な権力がないので良いような悪いような。

ビッグモンスターは雪交じりの中にかすんで身を隠していた。

2014.05.14 (水)

http://blog.with2.net/link.php?720512                                       
連絡は0120-58-9901 または0480-58-0301
『久喜の昔は瓦屋さん。今や屋根屋さん。屋根材ならなんでもどうぞ』
TEL0480-58-0301
ご連絡お待ちしております。
日本には昔から同様に甍の波ありました。
最近は、街並みを保存して町おこしをしています。
街並みの中でも、京都の円山公園から、清水寺の二年坂
産寧坂のあたりは、甍(瓦)の街並みが美しく、東京では
浅草・浅草寺の仲見世の霧除け屋根が粋な通りを演出しております。お暇なときに「スカイツリー」を見ながらそぞろ歩きもよいですよ。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

もう2か月も前の2/28の新聞に蔵王の樹氷が
大雪のおかげで、ビッグ・モンスター出来ております。
是非お出でください。と出ていました。

東北の復興に少しでも、お役にたてればと思い、
2/29久喜市内のイトーヨーカー堂の
JTBの予約センターに行って、急きょホテルを
予約に行きました。

面白いもので、願うはかなうものですね。
新幹線と、ホテルを予約して3/1に出かけました。

大宮駅から2時間で、ホテルについてしまうんですね。
時代がいかに早くなったか実感いたしました。

残念なことに、山に行けばいくほどモンスターは
姿を消してゆくのです。

見通しが悪い時は、30m位しか見えなかったのです。

ビッグ・モンスターは蔵王山の頂上付近が
一番大きいそうです。

樹氷のできる山は、世界的に見ても、
蔵王・八甲田のように条件がそろっていないと
出来ないそうです。

条件は①青森トドマツが自生している。
   ②雪が適度に降る所
   ③西高東低の強い冬型の気圧配置で強い西風が吹くこと。
   ④冬は西風が吹き、湿った山の西斜面あって、上昇気流が
    発生し、過冷却となって、水滴の発生があること。
   ⑤強い西風が吹き、過冷却水滴が衝突して、氷になって
    成長すること。

この条件をすべて満たさないとモンスターはできないのです。

これは、自然が作り出す芸術以外何物でもないのです。
しかも、最近は温暖化現象で、だんだんモンスターの発生が
難しく、大きくならないそうです。

人間はこの70年で、人類が生まれてから、
65万年を10,000倍の速さで、地球を
破壊しているのです。

5/13日の新聞にも小笠原のアホウドリを
羽毛欲しさに人間が絶滅の危機まで
追いやってしまったのです。

それが、小笠原の婿島に1羽の雛が確認されるかもしれない。
70年ぶりの軌跡のことが書いてありました。

自然の生命力も捨てたものではありませんね。
がんばれアホウドリ。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
ファイル 1225-1.jpg
ビッグモンスターの前ではいポーズ
南極行の完全武装をいたしました。

ファイル 1225-2.jpg
雪の白には赤が似合います。
寒さこらえて、・・・・・・。

ファイル 1225-3.jpg
曇り空のビッグ・モンスター

                           
ファイル 1225-4.jpg
乗客のいないリフトが不気味にカラカラと
音を立てて回っていました。

ファイル 1225-5.jpg
久しぶりの乾杯です。
バックにホテルの前のスキー場が写っています。

太陽光を推進しよう会の「新瓦博士」
当社ホームページはhttp://www.ogiya.co.jp です。
クリックしましょう。
㈱オオギヤは塗装・内装・改装・解体・舗装工事もやってるよ。

連絡先は埼玉県久喜市・ラキスタの里、鷲宮です。
屋根屋が面白ブログ。
久喜市・杉戸町・白岡・蓮田・春日部・古河・幸手
羽生・加須のこともアップするよ。
FD 0120-58-9901

梅の便りが聞こえてきました。松島瑞巌寺臥龍梅です。『久喜の瓦屋さん雨漏り奮闘記』太陽光発電(ソーラー)もやってるよ。

2011.02.22 (火)

 http://blog.with2.net/link.php?720512                                       
上記アクセスをクリックしていただけるとブログ掲載の励みに成ります。宜しくお願いいたします。
連絡は0120-58-9901 または0480-58-0301
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 
梅の便りが聞こえてきました。松島瑞巌寺臥龍梅です。『久喜の瓦屋さん雨漏り奮闘記』太陽光発電(ソーラー)もやってるよ。

みちのくと言えば松島ですね。
松島と言えば瑞巌寺ですね。
瑞巌寺は、独眼竜正宗公の城造りのお寺なのです。

瑞巌寺には隠し部屋があって、お付きのものが何時でも正宗公の
御身を守る為に隣の部屋で、抜きみ刀を下げて待てる隠し部屋があるのです。

また、回廊はウグイス貼りと言って偲びの者が侵入した時に、回廊がキュ・キュとなるようにできています。
また、床の間の掛け軸の裏側に抜け道に通じる隠し通路があるのです。
また、山門から表玄関に通じる通路が直線でなく、侵入していきなり弓・鉄砲が引けないようになっておるのです。

話は横道にそれましたが、玄関前に正宗が秀吉の命を受け、朝鮮出兵に持ち帰ったと言う龍が伏せたような紅白の古木の梅があります。
CDが紅梅のみになってしまって申し訳ありませんが御勘弁下さい。
代わりに萱葺き屋根と梅の花を掲載致します。

松島の海も、芭蕉が松島や・・・・・・。と唄ったころと違い
観光船と排水が流れるのでしょう、海は汚れてしまっています。
しかし、松島はやっぱり松島で、波にに浸食された岩は一見の価値がありますね。

海の松島、陸の象潟と言われていますからね。
日本も捨てたものではありません。

青森まで新幹線が開通して、ますますみちのくは近くになりましたね。
昭和39年、初めてみちのくに行った時は、夜行列車に乗って仙台で早朝降り立って、青葉城跡公園にタクシーで飛ばしたのです。

遥かな青春の思い出にふけっています。
その後、松島には5~6度くらい行っています。
近くなったのですね。

日本列島がオリンピックを境に小さくなった気がしますね。

TEL0480-58-0301
ご連絡お待ちしております。

ファイル 805-1.jpg
朝鮮出兵の際に朝鮮より持ち帰った紅梅の臥龍梅

ファイル 805-2.jpg
松の生い茂る奇岩は松島の海に映えて美しさを増します。

ファイル 805-3.jpg
此の仁王岩は台風で一度頭部が落ちたのです。

                           
ファイル 805-4.jpg
独眼竜正宗公の銅像。
青葉城城跡公園にあります。

ファイル 805-5.jpg
臥龍梅の白梅でなくてごめんなさい。写真が見つからなくなりました。

太陽光を推進しよう会の「新瓦博士」
当社ホームページはhttp://www.ogiya.co.jp です。
クリックしましょう。
太陽電池モジュールは寿命が長くて、お得ですよ。

連絡先は
FD 0120-58-9901 

パウダースノーの蔵王も秋色景色包まれていました。『久喜の瓦屋さん雨漏り奮闘記』太陽光発電(ソーラー)もやってるよ。

2010.09.16 (木)

 http://blog.with2.net/link.php?720512

上記アクセスをクリックしていただけるとブログ掲載の励みに成ります。宜しくお願いいたします。
連絡は0120-58-9901 または0480-58-0301
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 
パウダースノーの蔵王も秋色景色包まれていました。『久喜の瓦屋さん雨漏り奮闘記』太陽光発電(ソーラー)もやってるよ。

TEL0480-58-0301
ご連絡お待ちしております。

遠い昔、みちのくと言われた東北地方も、今では高速道路で
3時間の旅です。

芭蕉や曾良、そして八幡太郎義家、頼家が安部一族を討伐したころは、それはそれは遠く、誰も知らない未知の国だったのでしょう。

そして、誰もが日本中を旅するようになったのは、
昭和40年代初頭です。

東北縦貫道は東海道に比べ、11年遅れて昭和50年岩槻~白石までが開通いたしました。

そして、平成になって八戸までの開通を見るにいたったのです。
それもこれも、元をただせば、田中角栄の「日本列島改造論」が日本中に高速道路を走らせたのです。

今、私が立っているこの蔵王もその恩恵を受け、美しいお釜を堪能できるのです。

そして、一足早い秋を見つける事もできるのです。

今年は35度を超える猛暑日が続き、連日うだるような暑さでした。

でも、日本は四季があるから素晴らしいのです。
それだけではありません。沖縄、石垣島、あるいは東京都下の
小笠原諸島では、まだまだ夏の思い出が作れるのです。

そして北海道の大雪山系では雪の便りが舞い込むのです。

私が大学生の時、秋の彼岸に立山アルペンルートに登った時です。
新雪を踏んで雄山の登りました。

日本列島は四季おりおりの景観をもたらし、
何度となく、桜を楽しんだり、紅葉を楽しむことができるのです。

枯れ木も山の花盛り。
そんなイメージの写真を掲載してみました。
紅葉、ナナカマド、みちのくにピッたしの言葉ですね。

日本は素晴らしい国なんです。
フイリッピンに行って、再度確認しました。

ファイル 615-1.jpg
蔵王お釜の『ミクロネシアンブルー』がとても素敵でした。

ファイル 615-2.jpg
吹き付ける亜硫酸ガスによって荒涼とした風景を見せる蔵王

ファイル 615-3.jpg
白い枯れ木の中に、緑、黄色、褐色の絶妙なバランスが良くてシャッターを切りました。                                 
ファイル 615-4.jpg
7回燃やしても燃え尽きないと言われるほどの堅木で、また真っ赤な実をつけ、確か青森県の県木に指定されています。(ナナカマド)

赤い実の素晴らしさ、何とも言えませんね。

ファイル 615-5.jpg
黄色く色づく黄葉

太陽光を推進しよう会の「新瓦博士」
当社ホームページはhttp://www.ogiya.co.jp です。
クリックしましょう。
太陽電池モジュールは寿命が長くて、お得ですよ。

連絡先は
FD 0120-58-9901 

ページ移動