Calendar

<< 2020/7  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

記事一覧

はじめに

2020.07.02 (木)

 2020年1月ごろから中国武漢での新型コロナウイルスの話題が日本のメデアでに流れ始めたのです。
 そして、突然2月14日、横浜メリケン波止場に寄港しているクルーズ船の話題が、報じられ下船不能の状態になっていることを始めて知ったのです。
 私も、初めはそれほどで気に止めませんでしたが、1日中TVが報じるようになると、これはただ事ではないと感じ、父熊太郎の関東大震災、母の東京大空襲、己の記憶しているカスリーン台風の利根川決壊、阪神大震災、東日本大震災のように「語り継がなくては」と思いに駆られ、ブログを書き始めたのです。

 今を思えば、記録を残し良かったと思っています。
 100年に一度の体験です。私人として、状況、経済、政治、風刺、思いつくまま「徒然草」の如く執筆いたしました。筆を執り始めた初めは、自分の青春時代の思い出の旅行記を書くつもりでした。ところがメデア・紙面でコロナの話題が多くなり、突然話題を変えて、違う切り口で綴りました。お叱りは100も承知です。馬鹿々々しいとお笑いになって結構です。

 我々が、知っているようで知らない童話の世界、、実は、長い歴史の中で、民から民に語り継がれた真実が隠されて、幼児にも理解しやすいように口伝で伝えられたものなのです。

 まして、浦島太郎伝説は日本の国史として、稗田阿礼が大和朝廷の管理下の大王が支配していた国々の話を聞きだし、口伝で伝えた世界最古の童話でギネスブックに認定されているのです。

 しかも、童話は国よっても違うのです。人類はまだ猿人だったアフリカの「ンゴゴロ」で飢饉が起こり、食料を求めて、世界の各地に拡散したのです。
 度重なる山火事の後、逃げ遅れた動物、鳥、貝、魚類などを食べたのです。食のおいしさを知り、火を使いこなし、人類に変化したのです。人間の誕生です。イノベーションです。

 今回のコロナもイノーベーションを生むのです。生の残りかけた闘争が幕を切ったのです。
しかも、隣国中国武漢で発生したのです。武漢は何処にあるのだろう。調べてみました。湖北省長江とその最大支流の漢江と合流地点です。風光明媚な1000万人のメガシェテイです。
 日本の中華街に祀られている関羽の築城した都市で三国志の世界です。諸葛孔明が赤壁の戦いで火焔の戦術で魏・呉に勝利した有名な場所で武漢城内だけでも20万人が生活を営んでいるほどです。

 現在は、商業、工業、文教、交通の中心地機能持つ副省都です。一度は観光に訪れたい場所です。この武漢から、1人青年医師の報告から始まり、社会を惑わすと逮捕され、獄中死亡したのです。不思議なウイルスのはじまりです。

 そして100年後、200年後の私の末裔、読者の子孫がこんなことがあったのだと思い解して頂けたら幸いです。
 この状況下で語ることはできますが、まさかパンデミックになるとは思いもよりませんでした。

黄金街道と森進一の襟裳岬

2020.07.02 (木)

 森進一の歌謡曲で有名な襟裳岬は、落石、地滑りで迂回しなければ通行できなかった難所です。昭和になって財政も潤い昭和2年から9年の7年の歳月をかけ建設されたのです。
 黄金道路の地名は道路に黄金を敷き詰めたかごとく莫大な費用が掛かったのです。
 トンネル間の景観は、素晴らしく紺碧の太平洋と砕ける波涛、溶岩の黒、海岸の茶色の長い昆布畑の美しい景観です。
 襟裳岬を過ぎ日高の景観は、異次元のすそ野を広げた牧場に競走馬やホルスタインがのんびりと牧草を食んでおります。勇払平野ののどかな原風景です。

 今は、話の中の過去の思い出ですが、50数年前にはアイヌの人達が二風谷・ピラトりに村落を作っていたのです。今はアイヌ文化博物館があって観光地です。
 アイヌ人は裸族だった先史時代の人々遺伝子を受け継ぎ、夏冬体毛が抜け替わるそうです。クマの木彫りを彫りながら木村さんの和名持つアイヌ人がかたったのです。
 アイヌも日本人と同化し、今は、判別つきません。志賀直哉の破壊は父親か部落民の身分を隠せと強く戒められ、教壇に立つ身として、あえて告白して、生徒の前で身分を明かすのです。今は、人口移動で本人自身まで出自が不明になり、日本人としてひとくくりになったのです。
 私たちが、70歳を過ぎ、過去を大きな袋に入れてかき消して、古典文学として存在し、歴史の一小間としてロウソクの光りのように消えてなくなり、学者のみがこの世界に入っていくのです。

 北海道は原野があり、開拓の屯田兵が切り開き、流氷、雪まつり、ニッカウヰスキーの夢、トラピスト修道院、鶴の群舞の、摩周湖に樹氷、函館の夜景、層雲峡の氷柱、私達にとっては雪国のロマンの場所です。
 しかし、札幌雪祭りでの屋台でインバウンドによってもたらされた新型コロナで札幌、スキーのメッカ引き付けたニセコも火が消えてしまったのです。
 黄金海岸もバスどころか人も消えたのです。TVのニュース知ったのです。

然別湖の大きい蕗にしたの竪穴住居:小人族:コルボックの話

2020.07.01 (水)

 北海道の奥深くに、線を引いた朝もやが立ち、天地の区別が漫然とする然別湖の静寂の世界に山あいの思い出があります。
 大きな蓮の葉を、かぶっておどける小人族のコルボックスの世界でした。青春だからできる悪ふざけ‼。良い思い出でした。
 今、故人の照さん。荼毘に付され、小さな骨壺に収まり、抹香の香をかぎながら笑顔で手を振ってるようです。

 縄文時代、シベリア大陸や津軽海峡が氷結し、ユーラシア大陸や本土との行き来にマンモスを追いかけて、はるかかなたの「阿弖流為」(八幡太郎義家に捕らえられたアイヌ人の首長)の祖先の先住民が竪穴住居に毛皮をかぶり、古代人の部落があったのです。
 想像力を働かせて頭の体操もボケ防止に良いと思いながら悦に入っております。

最近、アメリカでアイヌ人はアメリカ黒人インデアンの末裔とのニュースが話題になったそうです。
 本当は、アルタイ地方のモンゴロイドがベーリング海峡が陸続きだったころ、約1万2000年前、人口が急増したのです。
 まだ、北極が温暖でサソリや亜熱帯の森林が繁茂していたころの話です。グリーンランドで極寒の氷上で研究している学者がテント生活をしていた姿を私たちは見てきたのです。

 学者は凄いですね。許可を得て1200人の遺伝子を採取して分かったそうです。彼らは仮説を立て、データーを積み上げ確信を得て論文発表になるのです。
 ユーラシア大陸の母系遺伝子ミトコンドリアと父系遺伝子の染色体Yの突然変異を見るとわかるそうです。そんな論文がペンシルバニア大学の教授が発表したのです。しかし、反論もあるそうです。
 然別湖は十勝平野の帯広の北に存在します。早朝の観光にお勧めです。

 今は廃線になり、人口減少の石狩本線も列車の最後尾に乗って
全車両を撮影した58年前の記憶にひったって居ります。日本のエネルギーが石油にとって代わる前の時代です。石炭が主力で白煙を上げながら汽車の時代です。「炭坑節」の時代です。80歳を迎える年代に方は修学旅行は汽車の旅でした。

 ところが、今は脱石炭の時代です。日本は東日本大震災の東海村の原子力発電の拒否反応があります。小泉環境大臣のCOP21の国際会議で将来の温暖化対策に登壇し、歯切れが悪く2度の汚名の化石賞に選ばれたのです。

 でも、コロナ対策はアジア諸国で対策を取れたのですが、夜の繁華街でまた増え始め100人を超える感染者が小池のおばちゃんが東京アラート出したいのですが、難しい状態で専門者会議を再開する雰囲気出す。コロナで世界が分断し、経済の破壊が進み、ANA・JALの外国への竣行が国によってなく、貧困国への援助のボランテアも家庭菜園での食料で飢えを防ぐ方法などのSNS活動始めたのです。死に怯える子供達にとって少しの朗報かなと思う一人です。

お金持ちへの道筋。

2020.06.29 (月)

 お金持ちに成るための行程表。

 この本を読め!。
 
 1.巨富を築く13の条件  ナポレオンヒル著    きこ書房
 2.上流に昇れる人、下流に落ちる人  和田秀樹  幻冬舎 
 3.成功をつかむ「わらしべ長者」 未来生活研究所
 4.ウサギと亀  ポプラ社 電子書籍あり。
 5.浦島太郎   偕成社
 
 童話を読まない人お金持ちの行程表に失格です。

 ●ホリエモ曰く。買える時間は全て買え。時は金なり。堀江もと言えども1日24:00時間は変えることができません。
 ●アパホテルの元谷芙美子社長曰く「運は力ずくで掴め」夫と2人脚で結婚して10年で100億の目標で80億まで達成したのです。
 ●元総理大臣 中曾根康弘氏は有言実行を座右の銘でした。
  お金と仲良くなりたい人は、何年何月何日までと金額を期限を区切り友人・知人・縁者に明言する。

 ●日経新聞を30分以上かけて経済面を読む。見るではありません。
 ●耳学問を大切にせよ。成功体験者の真似をせよ」
 ●インターネットで米国株のチャート(3年くらい折れ線グラフ
  見てください。)出来ればVIX(恐怖指数)半年後の株価を表します。
 ●この株が本命です。アマゾン・アップル・テイセント・ペイパルホールデングスデングス・マイクロソフト・マスターカード
を購入してください。日本株は購入してはいけません。
 ●零細証券会社は避けてください。
 ●7%株価が落ちたら躊躇なく売れ。損きりのできない人は止めろ。火傷の元です。
 ●それ以外は10年間利益が出ても売るな!。ドルで配当金はもらえ。アメリカ株は1株でも購入できる。5000円であれば購入できる。
 ●メモ魔に成れ。日付、時間をメモに記入せよ。
 ●名刺は飯の種と思え。自分の似顔絵・写真を入れろ。メールアドレス入れよ。旅行には名刺が必要。そして、めだて。
 ●作り笑いでも良いから常に笑いを持て。年金も1年で100万もらえる。長生きは勝利者の道。
 ●目標は孔子の論語100編のように唱えよ。自分を洗脳せよ。
 ●金持ちへの行程表は学問は不要。カーネギー・エジソン・松下幸之助はまともに学校に行っていない。しかし、知識は必要です。他人の知識を借りよ。

 これを守れば巨富を築ける。複利効果を狙うことを忘れるな!

時代のイノベーションは得体のしれない疫病から始まる!。

2020.06.29 (月)

 人類は常に疫病との戦いに明け暮れたのです。今から、2万年以上前の石器時代後期の縄文時代は弥生時代と共存した時代でした。
 世界に類を見ない1.5万年長い時代を築いたのです。もちろん、後期には大陸と貿易もし、部落も存在していました。何故、長い間可能だったか、まず、今より4~5度温暖な気候でした。部落を形成したころの海面は現在より4~5m高っかったのです。縄文人は、部落の周辺の栗の木を残して開墾しました。栗畑が広がり、人口の増加により開墾を繰り返したのです。現在の気候に近くなり、貝塚の調査から浮かび上がるのは、小さな貝まで食していたことが分かりました。

 そして、もがくように生き、大陸との貿易で疫病が運ばれ、また、寒冷化で植生の変化などで絶滅したのです。疫病が何であるかはわかりません。

 アフリカから拡散した人類が古代エジプトあるいはチグリス・ユーフラテス・インド・中国で文明を作った後、今から8000年前、牛疫(牛の麻疹ウイルス)と見なされる流行り病気が起った事実が紀元前2000年パピルスの記録されているのです。

 紀元前、アレクサンダーが帝国を創る100年前、アテナイとスパルタが戦争をし、オリンピックのマラソンで有名な「見た・来た・勝った」でアテナイが勝利を収めたのです。アテナイは地中海沿岸国(エジプト・ペルシャ・イタリアの都市国家等)と貿易をしていたのです。その結果、沿岸国から発疹チフス・天然痘・が持ち込まれアテナイの疫病は凄惨だったのです。アテナイの市民は神殿にすがったが結果、人々が集合し疫病が拡散し、神殿に寄り付かなくなったのです。
 都市国家の人口の30%死亡したと記録にあるのです。
 その結果、アテナイは国力を弱め、ローマ時代が到来するのです。

 ロマ帝国は1000年の繁栄を築きます。しかし、ローマもガリア地方、エジプト、ペルシャ、シリア、アラビアなどと貿易・戦争を通じ牛疫がローマ帝国を襲い、キリスト教の信者40000人が起居するのみに成ってしまい、ローマからラバンナに遷都したのです。

 どんな時代でも、疫病によって時代は変化するのです。この事実は人類誕生からだと思います。
 時代が下って、ジンギスカン軍の侵攻でもヨーロッパ全土に牛疫が蔓延したのです。
 その結果、ヨーロッパで2億頭の牛が死亡し、食料の不足が起こったのです。家畜と生活を共にしていた蒙古軍は免疫があったのです。今回の新型コロナも、世界の人々が免疫を持つか免疫薬の
誕生を待つしかないのでしょう。不気味なのは、世界が混乱して、自国主義が大手を振って闊歩することです。インドと中国は国境不確定部分で死者を出す一発触発の常態です。どちらも、ミサイル保時刻です。また、中国は近隣諸国と領有権を争っています。トランプさんは、まとめ役でなく自己主義の塊です。コロナより選挙で当選することを優先しています。トランプさんはTTP・パリ協定からの離脱表明や国連分担金の減額要求しているのです。
 
 混迷の世界の入り口です。日本の歴史を紐解けば、大化の改新・平城京から平安京の遷都・保元・平治の乱・応仁の乱・戦国時代・明治維新・明治から大正時代・大東亜戦争(太平洋戦争)戦後・現代(昭和)・平成・令和の度の時代でもウイルスによって時代の変化・革新にせっつかれて、時代のイノベーションが起こるのです。

 世界を見渡せば、大航海時代・産業革命・植民地時代・第一大戦.ヒットラーの時代・第2次世界大戦のすべてにウイルスと戦争があったのです。貧困が世界を混乱に起こし、死者がウイルスを拡散するこの事実を人間は忘れるからなのです。

 平和ボケが高価に付くのです。ウイルス、戦争の代価払うのは弱者の国民であって、富者はいつも助かり、笑顔で傍観です。都選は候補者は最多の22人です。コロナとオリンピックが論戦されるのですが・・・・・。不在者投票が3蜜を避け、多いのです。天神様の細道選挙です。コロナの終息は誰にも読めません。低開発・アジア・南米・中東・中国・イタリアなどからのインバウンド来るか来ないか?マークが付きそうです。

 小池のおばちゃま、開催主張、色々候補者言っていますが7/5開票が3蜜さけて遅れるそうです。でも、おばちゃま勝利宣言しそうですね。
 莫大な予算を国民にシワ寄せしそうですね。前線撤退も叶わず。2000億追加ですね。天才ばかぼん,父さん、これでいいのだ?。

ニュースを読み解く

2020.06.29 (月)

 京都大学教授:中山伸也ノーベル賞受賞者がコロナ情報を発信しています。フェイクニュース惑わされることなく、マラソンランナーで例えるなば、今は全力疾走で他の選手を引き離さければイケない段階です。また、妊婦はさほど重症化しないそうです。

アメリカのコロナ患者は2020.4/19PM3:00の時点で233万人、死者16万人とのことです。しかし、%にするとスイスなどのユーロ圏の患者より少ないとと事です。学者たちが警告するに至り、強気の発言で経済浮揚を口先介入で、大統領選を有利り導くため我田引水に聞こえるのです。
 慎重に、慎重に石橋をたたいて抑え込むことが大切なことぐらい国民は解っているのです。

 日本でも、SNSを使った「オレオレ詐欺の受け子」勧誘や麻薬取引の影の幽霊が巷間を漂い、新宿歌舞伎町では、暴力団の暗躍がささやかれ始めたのです。
 
 戦後の社会世相が思い出されます。ポンピキ・ヒロポン・すり・かっぱらい・米・自転車泥棒・闇米・強盗・善良な仮面をかぶった原爆治療、いやだが必ず幽霊は姿を現すのです。

 こんな事、思い出す姥捨て山:楢山節考の貧困の極みです。アフリカはバッタ被害とコロナの2重苦です。国境なき医師団の願い悲しく、危篤患者は、見捨てざるを得ない現実に、敗北の念に駆られながらの孤軍奮闘です。医療機器もない、消毒液がなく、日本の焼酎の様な酒で消毒する現実を理解できますか。地域によっては医師一人、スタッフ数人で20キロ、30キロ、いや70キロも離れた中を母親が炎天下の中を幼子を抱いてくるのです。

 日本人には理解できない世界があるのです。しかし、富豪たちは、チャンス到来と思いながら投資を続けるのです。欧米のキリスト信奉者は財団をつくり義援活動をするのです。仏教国日本は
目に見える寄付はするのですが、あまり活発ではないように思われます。けち臭いです。日本人の根性は排他的なんですね。

 寄附をしようコロナ拡散防止の為に。

パンデミックのコロナ禍はイノベーションとチャンスが背中合わせ

2020.06.25 (木)

 100年に1度のコロナは、危機とチャンスの双頭の鷲です。また、
平和と抗争のはざま揺れる冷戦さながらの状況が芽生えています。ケネデイとフルシチョフ会談のように。今はトランプさんと不気味な笑みに隠された習金平なのです。また、武器ミサイルのおもちゃに金王朝の兄と妹の存在です。自由・資本主義対統制・共産主義の抗争が始まろうとしています。

 しかし、貿易・買収・合併・リスクヘッジ・イノベーションの細部にまで糸が絡み解くことが出来ずに現状にあまじているのです。
 北朝鮮ののみが閉鎖社会を産んでいます。それでも、中国とは毛沢東と金日成の朝鮮戦争の絆があるのです。あるいはミサイル弾を欲している国と手を結び自由主義国と対立しています。特に韓国と戦後最悪の状態です。
 この状況下でも、リスクとチャンスが存在します。日本でも拉致問題をかかへ人道的支援の援助があるのです。リスクは北朝鮮の不法操業で海洋資源の枯渇問題です。

 国際間のリスクとチャンスは国民は関与できません。しかし、私たちに関する問題でも、投資のリスク・チャンスは存在します。
 損を被る人と儲かる人がいるのです。失業する人と高額で雇われる人がいることはご存じですね。

 それは、すべて知識の問題です。これが隔絶の壁なのです。大統領は2人存在しないことです。選挙は一票がただの人か大統領かの分かれ道です。
 鉄鋼王呼ばれたアンドリュ-・カーネギーは決断を1分以内にできない人は、人生の落伍者になる可能性が高いと述懐しています。彼は入社時に恋人はいるかと尋ねられ「います。」と答え、「明日つれてこい。」と言われ、いなかったが、当日に好意を持っていた人を結婚することで、無理矢理連れて行き結婚したそうです。その結果「巨万の富」を得たのです。貴方にできますか。
 似たような話を日本交渉学会の「アパホテルの元谷芙美子社長」から講演中に聞いたのです。

ページ移動