Calendar

<< 2019/9  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

記事一覧

久喜市の偉人と関東大震災

2019.06.26 (水)

本多静六は久喜市菖蒲の産んだ偉人です。彼は「公園の父」と呼ばれ、庭園の設計者であり職人としても活躍し日本の有名な公園の大半を設計、施工しました。日比谷公園を始め、北海道の大沼公園、会津の鶴ヶ岡公園、埼玉の羊山公園、明治神宮を始め、日本の統治下であった韓国の南山公園、尉山公園など数えあげれば100を越えるのです。

NHK大河ドラマ「イダテン」がオリンピックで活躍?した(令和元年 6月)時代です。(主演市川海老蔵、片岡愛之助)

静六はドイツに留学して、西洋の町つくり(公園)を学びました。今の上皇さまと 上皇妃(美智子さま)やアメリカ「ケネデ―駐日大使」や映画: ラストエンペラーの愛心覚羅溥儀を昭和天皇が白馬にお乗りなって「大元帥」の軍服でお迎えした東京駅丸の内広場、御幸通りも清六の設計なのです。

彼は、裕福な菖蒲の農家に産まれましたが、幼少のとき父を無くし多くの借金が舞い込み、折原家は大変になったのです。それでも学問に励み教授から多くの事を学び実行したのです。

最近、田中前市長が菖蒲市庁内に「本多静六記念館」オープンしました。大正12年9月1日の関東大震災で日比谷公園の樹木で火災が鎮火したのです。
 当時の 江藤新平東京市長がこの事実に墨田公園、浜町公園、錦糸町公園をつくり100年の計に備えたのです。
江藤新平は「大風呂敷」と言われ震災を期に、東京をもとに戻すのでなく西洋に負けない都市計画を作成し、皇居を中心に環状道路、昭和(大正)通り、明治通り、靖国通りのインフラ整備したのです。

これらのインフラは幅30~45mの有ったのです。江藤新平の頭の中は常に100年先をみていたのです。
戦後の東京が焼け原に成り、インフラ整備の道路幅は江藤の造った道路幅はそれより狭く20~24mでした。
 長たる者はは100年の歴史に評価されることを考えよ。

雪の朝「景色も上から見ると面白いよ」『久喜の瓦屋さん雨漏り奮闘記』太陽光発電(ソーラー)もやってるよ。

2011.01.16 (日)

 http://blog.with2.net/link.php?720512                                         
上記アクセスをクリックしていただけるとブログ掲載の励みに成ります。宜しくお願いいたします。
連絡は0120-58-9901 または0480-58-0301
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 
雪の朝「景色も上から見ると面白いよ」『久喜の瓦屋さん雨漏り奮闘記』太陽光発電(ソーラー)もやってるよ。

平成23年1月16日
寝ぼけ眼にトイレに起きた。
あまりにも静かな朝だ。
冷気が身体に刺さってくる。
カーテンを開けた。

真っ白の世界が飛び込んできた。
川向うの小道を、背を丸めて、駅に行くのだろう。
足早に男の人が去っていった。

ベランダから下をのぞいた。
今まで気ずかなかったマンホールの蓋が
浮き上がって見えた。
菊の花を刻んで。
思わぬ新しい発見だ。

そして、同じ景色も少し時間を置いて
陽の光が当たると
影が延び
陰影が出来る
違った景色になる。
人々も目覚め、
台地が息付く
陽の光が生活に潤いを与え
影と光のコントラストが
人生のようだ。

イタリアからの帰途
目が覚めて、飛行機の窓のブラインドを開けた。
眼下に真っ白い世界が広がっていた。
飛行機の航行ルートのTVを望くと
秋田上空であった。

真っ白の大地に
里山が広がり、とうとうと大河が
弧を描いて、真っ白のキャンパスに墨絵を描く
定規を引いたような、幹線道路が走る

別の銀世界は、街並みが広がる
山間の扇状地のような台地に
大河は平たんな真っ白いキャンバスに
描く弧は美しい。
生き物の鼓動のように
リズムがある。

10,000mから見る大地は
思った以上に美しく変化がある。
目に入る光景の広さは、広大だ。
雲が光をさえぎり、薄い墨を流したように
下の光景を、薄く映し出している。

広大な大地は
夢が広がり、希望がわいてくる。
大きな気持ちになり、若返った気がする。

TEL0480-58-0301
ご連絡お待ちしております。

ファイル 758-1.jpg
雪で浮かび上がったマンホールの菊の花
面白い光景にシャッターを押しました。

ファイル 758-2.jpg
寒そうに背中を丸めて足早に駅に向かう人と雪に朝

ファイル 758-3.jpg
明るさを増し、陽を受ける雪の朝

                           
ファイル 758-4.jpg
とうとうと流れる大河と里山

ファイル 758-5.jpg
洗浄大地に広がる街並み
大河が生き物ように大地を走る。

太陽光を推進しよう会の「新瓦博士」
当社ホームページはhttp://www.ogiya.co.jp です。
クリックしましょう。
太陽電池モジュールは寿命が長くて、お得ですよ。

連絡先は
FD 0120-58-9901 

雨漏り奮闘記 浅草 羽子板市に行って

2008.12.22 (月)

雨漏り奮闘記 浅草 羽子板市に行って

ファイル 77-1.jpg浅草寺の雷門の門前で
松下幸之助氏の寄贈の大提灯

ファイル 77-2.jpg羽子板市でにぎわう仲見世

ファイル 77-3.jpg羽子板の前でハイ・ポーズ

ファイル 77-4.jpg美しい羽子板の色々

ファイル 77-5.jpg羽子板が売れて威勢のいい手締め

 http://blog.with2.net/link.php?720512
上記アクセスをクリックしていただけるとブログ掲載の励みに成ります。宜しくお願いいたします。

12月18日三浦ドルフィンの高所順応訓練の後、浅草寺に行ってきました。
 目的は妻光子が、京都の料亭で舞妓さんと食事をした時、
料亭の玄関に飾ってあった羽子板の思い出をと・・・・・。

浅草には昔から「ほおずき市」「朝顔市」「酉の市」そして
最後の年の瀬の「羽子板市」と江戸の昔を語る風物詩があります。
 長い暦の中で育まれた江戸情緒だと思います。

地下鉄を降り、雷門に向いました。
反対側の通りの中央に、五重塔などを形どったイルミネーションが美しく輝いておりました。

雷門もライトアップされ輝いておりました。
雷門の大きい提灯は松下幸之助の寄贈でした。

 雷門を潜って仲見世です。
まだ7時を少し過ぎたくらいでしたのに、ちらほらシャッターを閉め、あるいは商品をまとめ閉店の準備をしている店がありました。

 もちろん、歩いているお客さんは「羽子板市」が目的で、
店を覗き込む人波も居ない所為なのかも知れません。
 かっての浅草で無く、新宿などに客を取られた思いが致しました。

羽子板も目が黒~茶色に変化しており、「日本人は黒い目」じゃないとね~。
 そんな冷やかしの中に、手締めのする方に誘われ、やっと光子が気に入った羽子板が見つかり、「おじさん、手締め要らんから負けてよ。職人 気合でいこう!」と言って3000円相当の飾り置き台負けてくれましたが、「もう、一声」と言って
頑張ったら、渋々1000円負けてくれました。

光子は満足して帰路に着きました。
「年の瀬の 終わりの市は 不況風」

新瓦博士

ページ移動

  • << PREV
  •   NEXT >>