Calendar

<< 2018/2  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 >>

記事一覧

シルクロード15,000kの旅。ローマよ。さようなら。

2014.05.02 (金)

  http://blog.with2.net/link.php?720512                                       
上記アクセスをクリックしていただけるとブログ掲載の励みに成ります。宜しくお願いいたします。
連絡は0120-58-9901 または0480-58-0301
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
『久喜の瓦屋さん雨漏り奮闘記』
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
長い長い61日間のシルクロードの最終日です。延々と流れる歴史と時間の中で、また、砂にうずもれた遺跡に中で、人の営みと、戦い、宗教の変遷を見てきました。

いまだに国を持たない流浪の民(クルド人)を思うと、
心が揺れ、圧政を受けるチベット・新疆ウイグル族の
近習平の政府に嫌悪感を覚える一人です。

といっても何もできないもどかしさに、無力を覚えます。

黒海の保養地、クリミヤで、今なを対立が続き、
歴史は常に形を変え続け、その過程で続いていくものなのです。

悲しいことばかりではなかったのです。
トルコの鉄壁の城塞の前で、身振り、手振りで、
トルコ人、ロシア人の飲ベえい達と
頬スリあって語り合った日々も
真新しい記憶として今蘇っております。

プリトヴェチェ国立公園で美人の添乗員と
歩いたことも、妻と私の心に焼き付いています。

さようならローマ。心の素晴らしい旅を思い出しながら
思いにふけっております。

(シルクロード15,000kの旅完結編)

&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&                                    
ファイル 1213-1.jpg
コロッセオから見る素晴らしき都市の中枢を担っていた
「フォロ・ロマーノ」
暴君と呼ばれたネロのコロッソ(巨像)があった所なのです
ファイル 1213-2.jpg
コロッセオの観覧席から見るコンスタンチヌス帝の功績をたたえて、
建てられた凱旋門です。
紀元139年に建てられ、パリのナポレオンの凱旋門が
それを習って作られたが、ナポレオンはセントヘレナに流され、
自分では完成した姿を見ることはできなかったのです。

ファイル 1213-3.jpg
フォロ・ロマーノのジュリアス・シーザーのバジリカの列柱
起源前54年シーザーによって建てられたのです。

ファイル 1213-4.jpg
同上
ファイル 1213-5.jpg
ローマ―の最後の夜に鑑賞したオペラの紹介シーン
右端の日本人はオペラのピアノ奏者です。

埼玉の屋根屋のおっさん『ルーフ』

当社ホームページは
http://www.ogiya.co.jp/です。
クリックしましょう。
連絡先は埼玉県
FD0120-58-9901  TEL 0480-58-0301

L0480-58-0301

歴史の洗礼を受けたコロッセオ

2014.05.01 (木)

http://blog.with2.net/link.php?720512                                       
上記アクセスをクリックしていただけるとブログ掲載の励みに成ります。宜しくお願いいたします。
連絡は0120-58-9901 または0480-58-0301
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
『久喜の瓦屋さん雨漏り奮闘記』
TEL0480-58-0301
ご連絡お待ちしております。

シルクロードの15,000kの旅の中で、中央アジアを除く
中国、トルコ・ギリシャ・アルバニア・マケドニア・コソボ
モンテネグロ・特にアドリア海のクロアチアは屋根の家並みが素敵でした。

ローマのバチカンン市国及びローマ市内は歴史が醸し出す
屋根の美しさに感激しました。

これぞ、景観の形成に屋根瓦はなくては
ならないもの再認識しました。

どんな職業も必要で、都市景観を作るのに屋根屋さんは
特に必要なことを感じ、だから、葺き師として尊敬されたのです。

現代の職業にあって、庭師・医師・牧師に匹敵するのです。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
このコロッセオは西暦68年~80年の8年間で建造されたのです。

しかも、現代の私たちが今、東日本の震災で
学ばなければならない大型建造物の基本があるのです。
まず、耐震性を重要視して、巨大な火成岩のブロックをつくり、
直径80mm位の鉄の棒を「ダボ」にして巨石をクレーンのような
物で積み上げていったのです。
この巨大な石のブロックを寸分たがわず、垂直に積み上げるために、オリーブでどろどろになった土を塗りこめ、積み上げやすくしたのです。

一個のブロックが3トン・5トンの重量があったのです。
また、収容人口は5万人と言われ、チケットを持った
人々は自分の席に行けるように、各入口の番号が付けられ、
チケットの番号と照合し指定席に行くようになっていた。

また、貴族などは、自分の名前の入ったボックスを与えられていたそうです。
家系が亡び、変更になると削って新しい名前を刻んだのです。

また、ローマ水道を使用して、観客の飢えを癒すために噴水が設けられていたそうです。

スゴイのは、公衆トイレの水洗便所があっやことです。
話は違いますが、トイレの発想の初めは、インドが起源なのです。

また、あの巨大なドームを夏の日差しから守るために
麻でできた円錐状のテントが張られたことを知っておりますか。

帆船の帆を上げるのと同じ要領で大数の奴隷たちがトルクを
回したのです。

ここでも、滑車の発達、色々な技術革新が行われていたのです。

こう考えると、コロッセオは当時としては、ハイテク技術の結集だったのです。

キリストの殉教、剣闘士同士の戦い、野獣との奴隷の戦い、
そういう悲惨ね歴史は添乗員が教えてくれるので、
違うことを書きました。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
ファイル 1212-1.jpg
地中海松と凱旋門・コロッセオを望む。

ファイル 1212-2.jpg
コロッセオの外観

ファイル 1212-3.jpg
コロッセオの観覧席に行くコンコース

                           
ファイル 1212-4.jpg
舞台のとれたコロッセオの内部を傍観
かって、剣闘士の戦い・猛獣と奴隷の剣闘士・キリスト教徒の殉教
・そして貧民窟・低俗な為替業の住まいを経て、現在の世界遺産のコロッセオになったのです。

ファイル 1212-5.jpg
悲しい暦のコロッセオを背景に筆者

太陽光を推進しよう会の「新瓦博士」
当社ホームページはhttp://www.ogiya.co.jp です。
クリックしましょう。
㈱オオギヤは塗装・内装・改装・解体・舗装工事もやってるよ。

連絡先は埼玉県久喜市・ラキスタの里、鷲宮です。
屋根屋が面白ブログ。
久喜市・杉戸町・白岡・蓮田・春日部・古河・幸手
羽生・加須のこともアップするよ。
FD 0120-58-9901 

アッピ街道の素晴らしさをご覧ください。

2014.04.30 (水)

 http://blog.with2.net/link.php?720512
上記アクセスをクリックしていただけるとブログ掲載の励みに成ります。宜しくお願いいたします。

連絡先は埼玉県久喜市鷲宮中央1-19-10
FD0120-58-9901  TEL 0480-58-0301
久喜市・加須市・羽生市・杉戸町・宮代町・幸手市
白岡町・蓮田市の皆さん旅のブログも見てください。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
偉大な財務大臣であったアッピウスが、
元老院の反対を押し切ってアレキサンダー大王が
世界制覇を目指していた時代にアッピウスは、
大軍団の迅速な南下の為のこの街道を建設し、ギリシャの都市国家と覇権争いをもくろんでいたのです。

その為に、インフラの整備にかかり、
市民を豊かにする方法として、アフリカより
奴隷を狩りだし、整備したことでしょう。

彼の偉大な事業として、ローマ水道もその一つです。
人の往来が激しくなれば、経済は豊かになり、
後にローマの財源になる、スペインの銀山を手に入れるのです。

インフラ整備によって、すべての道はローマに続く。と
言われたように、広大な領土を手に入れるのです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ファイル 1211-1.jpg
ローマの遺跡でみなさんが訪れるコロッセオのすぐ脇にある
「フォロ・ロマーノ」(日本で比較するならば、霞が関の
官庁街と思ってください)に通じるアッピ街道の最終道路です。

現在は閑静な住宅とお墓・マイル・ストーンの現代版の
粋な水道がありました。

アッピ街道の地中海松もたくさん街道筋に有りました。
苔むした石垣は歴史と風格を醸し出しておりました。

ファイル 1211-2.jpg
アッピ街道の始点・サン・セバステアーノの門の手前にあった古めかっしい
凱旋門風の門が凛としてありました。

今でも、車道として使用されておりました。

ファイル 1211-3.jpg
ローマ市の外郭城壁の様相を示すサン・セバステアーノ門です。
アッピ街道は今でいう高速道路です。
人・物・金・情報が往来する起点だったのでしょう。

強者は何時の時代でも、インフラを整備して、征服したのです。

ファイル 1211-4.jpg
サン・セバステアーノ門の城壁の外側です。
堅固な城郭です。
ファイル 1211-5.jpg
サン・セバステアーノ門の城門です。
当時の戦争を想定して、弓矢をいるのに都合よくできております。
埼玉の屋根屋のおっさん『ルーフ』

当社ホームページは
http://www.ogiya.co.jp/です。
クリックしましょう。
連絡先は埼玉久喜市
FD0120-58-9901  TEL 0480-58-0301

ヴァチカン~アッピ街道へ

2014.04.30 (水)

ご連絡お待ちしております。

*****************************************************

http://blog.with2.net/link.php?720512
上記アクセスをクリックしていただけるとブログ掲載の励みに成ります。宜しくお願いいたします。
連絡は0120-58-9901 または0480-58-0301
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 
『たかが瓦、されど瓦、世界遺産に使用されている資材だよ。』埼玉の瓦屋さん・雨漏り奮闘記
シルクロードに興味深い瓦が沢山ありました。
クロアチアでは、城壁の上から素晴らしい瓦屋根の街並みが
見渡せるように観光ルートが設定されていました。
瓦屋根を大切にしましょう。
TEL0480-58-0301

*****************************************************

ファイル 1210-1.jpg
ヴァチカンの美術館の天井に描かれた
聖母マリアとキリスト誕生の図

ファイル 1210-2.jpg
黄金のような天井に描かれた数々の目もまばゆいばかりの絵画群

ファイル 1210-3.jpg
キリストの天国を描く天井画

                           
ファイル 1210-4.jpg
サンピエトロ大聖堂とオベリスクの前で。
世界一小さなカトリック教徒の中世と近代が混淆する国家。
母親の愛の腕輪に包まれたサン・ピエトロ広場で撮影

ファイル 1210-5.jpg
アッピ街道は紀元前312年アッピウスの要請において建設された
現存するローマ街道のうちで「街道の女王」と呼ばれるくらいです。
強度のある火成岩の玉石が用いられ、現在でも、許可を得て、
使用されているそうです。
また、日本の街道と同じく、1里塚に相当するマイルストーンがあるそうです。
撮影は「サン・セバステイアーノ」です

太陽光を推進しよう会の「新瓦博士」
当社ホームページはhttp://www.ogiya.co.jp です。
クリックしましょう。
日本の風土に合った瓦が健康にもよいこと知ってますか。
全瓦連のホームページも見てください

ローマ逍遥

2014.04.28 (月)

http://blog.with2.net/link.php?720512
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 
1000年、栄えたローマも、幾多の優れた政治家、画家、彫刻家
などを輩出し、世界中の植民地から、有り余る財宝を集めたが、
戦乱、天災の災害をくぐりながら、現在に至っております。

ムッソリーは最後の砦として、ヴァチカンを独立国家として、
独立させ、何千年もまたぐ財宝を隠そうとしたのです。

しかし、絵画に興味のなかった彼は、世界の至宝と言われる
「キリストの最後の晩餐」を軍馬の馬小屋として使用したのです。

その為、損傷が激しく、今では入場制限わされており、
中々鑑賞の機会が少ないのです。

最後の晩餐は、キリストが処刑される前に弟子たちと
食事をする場面です。

この図は、1点透視図法の技法で描かれております。
最後の一点は、キリストの左こめかみ部分だそうです。

そこに、釘の跡があることも、洗浄の結果わかったそうです。

ローマは市全体が世界遺産の宝です。本当に理解しようとしたら、
1月ぐらいかかるのでないですか。

ゆっくり観光したいと思いますが、ツアーでしか行けない悲しみです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
今、東日本大震災で国民の意識が変化している。
1400年の瓦の歴史に、故郷の風景に、変調を感じるのは、私「屋根屋のおっさん」だけなのでしょうか。
瓦は1400年の歴史に中で、このままでは、技能者が育たない。震災。戦災。火災。多くの災難を乗り越えて、瓦が日本の街並みを支えたのです。そして今があるのです。
TEL0480-58-0301
ご連絡お待ちしております。

ファイル 1209-1.jpg
ヴァチカンの入り口に君臨するレオナルド・ダビンチと
ミケランジェロ

ファイル 1209-2.jpg
ヴァチカンの至宝

ファイル 1209-3.jpg
レオナルド・ダビンチの最後の審判

                           
ファイル 1209-4.jpg
エリオ橋(紀元134年)ハドリアヌスの霊廟
形も使用方法も建造当時とはだいぶ違っておりますが。

ファイル 1209-5.jpg
「プルタースお前もか。」で有名なシーザー暗殺の図
ローマ市内の片隅有りました。
ポポロ広場の近くです。

埼玉の屋根屋さん「住まいの基本は屋根にあり。屋根は文化だ。芸術だ。」
久喜市・加須市・白岡町・杉戸町・羽生市・古河市・熊谷市の皆さん応援してくださいね。
連絡は0120-58-9901 または0480-58-0301

屋根のことならお任せ「新瓦博士」!
当社ホームページはhttp://www.ogiya.co.jp です。
クリックしましょう。

ローマの1日

2014.04.22 (火)

 http://blog.with2.net/link.php?720512                                       
連絡は0120-58-9901 または0480-58-0301
『久喜の昔は瓦屋さん。今や屋根屋さん。屋根材ならなんでもどうぞ』
TEL0480-58-0301
ご連絡お待ちしております。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
オードリーヘップバーンのローマの休日は世界的な
反響を呼び、特にスペイン広場・トレヴィの泉などはその典型例である。

人々は、オードリー・ヘップバーンにあこがれ、
コロッセオ・パンテオン・真実の口・ポポロ広場・サンタ・マリア・イン・ミラーコリ教会・サンペエトロ大聖堂・バルベリー宮殿
コロッナ宮殿などを散策するのです。

ローマの休日は、観光客誘致のために製作されたのです。

しかし、イギリスの「エリザベス女王」の妹「マーガレット王女」が当時民間人との恋が話題になったが、恋は成就しなかったのです。

ローマの休日の公開前であったたため、一層の話題作になったのです。

期し難きも昨日の4/21日は、イギリス女王「エリザベス2世」の88歳の誕生日でした。

しかも、ローマの休日が製作されて50周年と言われております。

とすると、私が青春真っ只中の「K枝」と
アツアツの恋をしていたころなんですね。

もう半世紀の時が過ぎ去って、我々は,閻魔様に
声をかけられる齢になったしまったのです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
ファイル 1207-1.jpg
ポポロ広場のパホーマンスを準備する若者たち

ファイル 1207-2.jpg
5☆ホテル「エクセドラ」の案内嬢と

ファイル 1207-3.jpg
ローマの
完走パーテイーのレストラン(PANCRAZO)に行く途中の有ったピカソ作風の看板。

流石ローマですね。


                           
ファイル 1207-4.jpg
ローマのレストラン

ファイル 1207-5.jpg
最後の夜は満月でした。

&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&

太陽光を推進しよう会の「新瓦博士」
当社ホームページはhttp://www.ogiya.co.jp です。
クリックしましょう。
㈱オオギヤは塗装・内装・改装・解体・舗装工事もやってるよ。

連絡先は埼玉県久喜市・ラキスタの里、鷲宮です。
屋根屋が面白ブログ。
久喜市・杉戸町・白岡・蓮田・春日部・古河・幸手
羽生・加須のこともアップするよ。
FD 0120-58-9901 

日本には昔から同様に甍の波ありました。
最近は、街並みを保存して町おこしをしています。
街並みの中でも、京都の円山公園から、清水寺の二年坂
産寧坂のあたりは、甍(瓦)の街並みが美しく、東京では
浅草・浅草寺の仲見世の霧除け屋根が粋な通りを演出しております。お暇なときに「スカイツリー」を見ながらそぞろ歩きもよいですよ。

シルクロード15000km完走パーテイ

2014.04.21 (月)

 http://blog.with2.net/link.php?720512                                       
上記アクセスをクリックしていただけるとブログ掲載の励みに成ります。宜しくお願いいたします。
連絡は0120-58-9901 または0480-58-0301
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
『久喜の瓦屋さん雨漏り奮闘記』
TEL0480-58-0301
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
今年の夏は異常気象です。
各地でゲリラ豪雨あり、埼玉県の熊谷市広瀬・行田市で
3か所の竜巻が起き、越谷市~松伏~庄和~野田市~
関宿までの19Kで1000件を超す被害がありました。
昨年はつくば市で竜巻があり、台風20号の上陸で
2万人以上の避難勧告が出されました。

それだけでなく、大雪の被害が続出。未だ消費税と相まって
現場の施工体制が、元に復帰しておりません。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
ファイル 1206-1.jpg
シルクロード15,000kmの旅、完走記念パーテーを
ローマのレストランにて。

ポポロ広場のROSATIにて、ワインで乾杯。

ファイル 1206-2.jpg
ご満悦の光子

ファイル 1206-3.jpg
我々を迎えてくれたポポロ広場の美しい地中海松

                           
ファイル 1206-4.jpg
共同通信の取材を受ける青森県から参加した「高橋さん」

ファイル 1206-5.jpg
双子教会の列柱の上部レリーフ

太陽光を推進しよう会の「新瓦博士」
当社ホームページはhttp://www.ogiya.co.jp です。
クリックしましょう。
㈱オオギヤは塗装・内装・改装・解体・舗装工事もやってるよ。

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

人間だれにも一生の思い出有ります。
最後良ければすべてよし。

15,000kmの旅の中で、色々ありました。
食あたりで入院。光子の捻挫。また、反目。
人は職業によって貴賤はないのですが。

でも、違うのですね。
この旅は、少々金額が高いので、それなりに、
「俺はが出ておりました。」

自分はと、社会的な地位をひけらかす人。
気が合わず、つんつんする人。
こんなにも、人は見かけで判断されたことは
ありませんでした。

でも、救われたことは、長い旅の行程の中で、
いろいろ今まで知り得なかったことを知り得たことでした。

長い暦の中で、人の営みは、
迫害を受け、国破れて山河あり
になっても、国の恩恵を受けなくても、
人は生き延び、命はつながっていくものと実感いたしました。

また、宗教も、混在、迫害、国教になったり、
形を変えながら、今に引き継がれ、人々の心の中に
しみこんでいくのだと思いました。

添乗員の二村さんも、それなりに苦労しておられ他事でしょう。

私が下痢が長く続いたので、途中リタイヤするとも思ったらしいです。

ページ移動