Calendar

<< 2020/9  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

記事一覧

江戸、東京の名所 早回り

2019.06.29 (土)

江戸、東京は、江戸開府から400年以上の歴史ある世界の都市です。私の目で見た景観を足早にご案内いたします。50年以上前の京タワーに高校時代、私が18才に初めてにいきました。直ぐそばの増上寺は江戸城の鬼門に建てられた幕府の直轄寺です。東海道珍道中のツアーに参加して妻と行きました。
目白の椿山荘は次兄の長女の結婚式で行きました。三重塔が和風庭園の風情を醸し出しています。スカイツリーご存じ事、浅草寺もしかりです。

池袋の近くの鳩山会館は鳩山四代の政治の舞台、鳩、ミミズク等のモチーフと緑青の屋根、明治の社交場「鹿鳴館」を彷彿させ、教育の大切を教えてくれる絶好の場所です。バラ園も素敵です。小高い山ノ上で欅の巨木が夏でも涼しいです。今でも政治の舞台です。現在の相続人は鳩山由紀夫氏です。

コンドルの設計した古河庭園は和洋の素晴らしい庭園と明治のレトロな建物も見ごたえがあります。古河庭園は足尾鉱毒事件の古河市兵衞の邸宅です。田中正造や足尾鉱毒で離村した村人たちは、無念の気持ちでしょう。現在も渡良瀬游水地に役場跡、お墓が現存しいます。

江戸城(皇居)も見学できます。馬に乘った警察官も行き合う事もあります。
高田の馬場近くの神田川脇の「山吹の里公園」義弟の泉瓦店の直ぐ側です。

すすきのミミズクで有名な鬼子母神は(鬼は角の無い字です)インドの夜叉神です。人間の子供を食べ、500人の夜叉の子供を育て人々に恐れらていました。鬼子母神の鐘楼を義弟のKが屋根を施工したのです。昔、この辺りはススキの原っぱで働き過ぎで患った母を見かねて阿弥陀仏が「くめ」に諭したのです。ススキでミミズクを作って売りなさい。ミミズクは売れて「くめ」は母に薬を買って元気になって幸せなったのです。

目黒「雅叙園」は息子の結婚式の会場です。天井画が素晴らしく、リッチな気分になりました。桜の名所でもあります。桜の満開の時に行った目黒川、墨田公園と上野公園もバスで回り醍醐寺の秀吉気分に浸りました。

浅草寺には松下幸之助の寄贈の大きな提灯が有名です。提灯の下部に竜の絵柄はご存じ無いでしょう。見てください。仲見世も粋な小物売っています。浅草寺の本尊は漁師が網にかかった1寸2分の仏像です。いくら元の川に返しても戻ってきたそうです。厨子に安置したのです。

美術館、博物館は限りなくあります。アメ横も一度はゆっくり行ってみても損はないですよ。御徒町の地下街にダイヤモンド・金市場がありますよ。目の保養にいかがですか。アセアンの食糧品街もあります。話は此のくらいにしておきます。

頼朝伝説の仁右衛門島

2019.06.29 (土)

海外から帰国する時、機上から眼下を遠望する時、雄大な九十九里の曲線美のなかに風力発電のプロペラが長閑に廻る光景を視ながら、成田国際空港に離陸するのです。

この曲線美の何処かに仁右衛門島が白波のなかに消されているのです。
仁右衛門島に、二十歳ごろ日本ユニカーの仲間と慰安旅行に行ったときです。個人所有の島で小舟にのって行きました。
遥かな記憶の中でブログを書いてます。頼朝伝説の残る温暖な小島ですがロマンがあります。
 

頼朝は石橋山の戦いで、平氏の梶原景時の温情で伊豆堂ヶ島に逃げ一命とりとめ、伊豆の対岸の仁右衛門島に身を潜め再起を図ったのです。
 この島は古くから観光名所で新日本百景にも入るくらいです。もっとも印象に残っているのが玄関前の大蘇鉄です。再起を図るため、千葉氏との会見に百姓(実は百姓は100の姓=庶民)に多くの名字を賜下したのです。そのため下総の国は色々な名字があるそうです。
風光明媚な堂ヶ島は、頂上に大きなホールがあり、青空を仰ぎ見ることができ、海水は群青色を解き放ち、頼朝わずかの時を光の空間と美しいさに心安らぎ、源氏の棟梁として、あるいは政子のために多くの軍勢を要する千葉氏の前で一歩も引かず、大見えを張ったのです。
 当時、平家で非ずんば人で非ず。と豪語した時代ですが清盛の没後、地方の平氏達は、京の警護・侍所警護に多大な費用を科せられ、すべて己の負担で解決したのです。こう言えばかっこいいのですが、犬同然処遇だったのです。

日光、徳川家光の大獣院を見た?。

2019.06.28 (金)

日光と言えば東照宮です。しかし、徳川三代将軍・家光公が祀られていることは余り知られていないのです。霊廟輪王寺は、家康祀る東照宮と向き合って建立されております。
徳川15代のなかで、正室から誕生したのは家康、家光、慶喜の3人です。なぜ、向き合って建立されているかは、家康を慕っていたとも言われて居るからです。
家光は春日局に育てられ、幼少の頃は、ひ弱で秀忠の後継者(征夷大将軍)として疎まれ身の危険さへ有ったのです。
春日局と稲葉一族によって守られ「余は生まれながらにして将軍である」と言って豊臣方の大名を平伏させたのです。結果、武家諸法度や参勤交代の制度を定め徳川260年の基礎を創ったのです。
家光の大獣院は、上野寛永寺を始め日本の各地に「権現様」と同様あります。
東照宮は駿府(静岡県)久能山に葬られ、関八州の鎮守として戦乱、破壊から逃れるため、男体山の麓の日光に祀られたのです。
日光は3男「晋」が生まれて頸の座らない時に行ったり、芳光が受験の時や流星群の出現の時、戦場が原の駐車場に毛布引いて空を眺めたり、妻と水入らずの熟年の旅など四季折々に訪れても素敵な観光地です。
大獣院で親睦旅行の時に魔除けの金製の剣を購入し、功徳で胆肝癌から生還したのでしょうか。(^-^)(^ー^)

足利市 日本の最初の大学「足利学校」

2019.06.28 (金)

足利学校は足利義兼によって創建されたのです。この時代は柱を削るために今の様な鉋(カンナ)無く、槍鉋でした。もし、鑁阿寺に行ったときに柱を良く見て下さい。もしかして、再建されているので創建当時の建物かどうかを見てください。江戸時代なると今の鉋に変わるのです。
この当時、足利学校は世界的に見ても大学として歴史あるのです。日本には足利学校より歴史ある大学は無く、世界的にみても11世紀に創立されたイギリス「オックスフォード大学」位だと思います。
エジプトはクレオパトラの産まれたアレクサンドリアは図書館です。 ギリシャに大学ではありませんが幾何学、天文学、哲学を教える王公、貴族、神官の教育機関はあったようです。
境内の鑁阿寺(足利氏の邸宅跡の)本堂、不動明王は国宝に指定されております。鐘楼、経堂は重要文化財です。
鑁阿寺の名前の由来は足利兼吉の改名の「鑁阿」から引用したのです。17世紀フランシスコ・ザビエルが大学として世界に紹介しているのは驚きです。

足利には、藤で有名な「フラワーパーク」もあり、冬は日本夜景遺産として登録されており、一年中楽しめます。
この園の園長のキャラクターが日経新聞に紹介されていたので妻と私は見に行ったのです。樹齢140年の大藤を4本移植したふっくらの顔たちの女性の腕を買われ園長になったのです。白藤のトンネルなど広大な敷地に5月の連休に咲き誇っております。

この足利には「伊万里、鍋島焼」の栗田美術館もあります。2度目に行ったときはクラシックコンサートやっていました。栗田美術館に色々な建物があり、その内の阿蘭陀館の屋根の写真を撮影し、その写真が全国瓦連合会のカレンダーに掲載されました。\(^o^)/
足利は一日楽しめます。

久喜市 幸手市 古河市 瓦 瓦 リフォーム 葺き替え 修理 住まいの炉フォーム 外装 塗装 内装 クロス オオギヤ 全瓦連

結城紬の話

2019.06.27 (木)

結城は戊辰戦争の激戦地です。結城は平安時代から続く織物の産地として有名です。
私たちは仕事の合間、お茶を小さな紬小屋で頂きました。どうも薄暗いので建主に訊ねたところ織り目を確認するために「チラチラ」しない影光が良いことを初めて知ったのです。糸が真綿の(蚕の繭玉・絹糸で光る)ため、横糸の模様が型紙と確認出来ないのとのことでした。それで納得しました。

結城紬と関係無いのですが、飲酒運転もうるさくない時代でしたので仕事が終わると豚の粗肉を鍋でコトコト煮た酒の魚で酒を飲む毎日でした。
この辺りの結城紬は農閑期の副業として細々と歴史を刻んでいたのです。ところが明治6年(1874年)ウイーン万国博覧会で絶賛あび、価格が高騰すると生産者が増え、粗悪品が出回り困った政府は規格を定めたのです。
1.地機で織ること。
2.糸は真綿で織ること。
 国が決め良品を輸出でき、伝統が途絶えなかったのです。結城紬の機織りの見学は結城市商工会で尋ねると良いかと思います。

鏝絵と伊豆長七そして久喜市菖蒲栢間の鏝絵職人

2019.06.27 (木)

伊豆松崎の長八美術館に行く機会に恵まれ見学したのです。驚きました。米粒位の小さな鏝絵(拡大鏡使用で見学)から、寺院の八方睨みの天井鏝絵、彫刻のような立体的な鏝絵などもあって職人冥利に特別な時間をすごしました。

それから10年後位経ち、春日部の田村邸の屋根、壁漆喰工事を依頼されたとき関宿の左官屋さんが屋根の上で立ちすくみ、困惑していましたので、私は「伊豆長八美術館」を見学すること各部の名称が分からないと言われ、神田の古本やを見聞する事を進め、1年の歳月懸けて無事完成にこぎ着け、三枝春日部市長より景観賞を授与されました。
平成20年ごろ、九州に近ツリのツアーでグラバー邸・軍艦島等行く機会に恵まれその後、妻とツアー離れ自分達で九州をレンタカー、特急列車の旅をして別府温泉のホテルで宿をとりました。湯船ある廊下を散策していると鏝絵が何枚も飾ってありました。説明書き見ると伊豆長八の流れをくむ、久喜市菖蒲栢山の左官職人の作品であってビックリしたのです。

帰ってきてからどのくらいだったか忘れましたが日経新聞に栢山の左官職人の記事が掲載されていたのです。彼もまた名人の一人です。彼の作品をと思って光子に相談したのですが「何処に置くの」と一蹴されました。そんな思いもあって、我が家に小さなギャリーを開くキッカケになったのです。

久喜市の偉人と関東大震災

2019.06.26 (水)

本多静六は久喜市菖蒲の産んだ偉人です。彼は「公園の父」と呼ばれ、庭園の設計者であり職人としても活躍し日本の有名な公園の大半を設計、施工しました。日比谷公園を始め、北海道の大沼公園、会津の鶴ヶ岡公園、埼玉の羊山公園、明治神宮を始め、日本の統治下であった韓国の南山公園、尉山公園など数えあげれば100を越えるのです。

NHK大河ドラマ「イダテン」がオリンピックで活躍?した(令和元年 6月)時代です。(主演市川海老蔵、片岡愛之助)

静六はドイツに留学して、西洋の町つくり(公園)を学びました。今の上皇さまと 上皇妃(美智子さま)やアメリカ「ケネデ―駐日大使」や映画: ラストエンペラーの愛心覚羅溥儀を昭和天皇が白馬にお乗りなって「大元帥」の軍服でお迎えした東京駅丸の内広場、御幸通りも清六の設計なのです。

彼は、裕福な菖蒲の農家に産まれましたが、幼少のとき父を無くし多くの借金が舞い込み、折原家は大変になったのです。それでも学問に励み教授から多くの事を学び実行したのです。

最近、田中前市長が菖蒲市庁内に「本多静六記念館」オープンしました。大正12年9月1日の関東大震災で日比谷公園の樹木で火災が鎮火したのです。
 当時の 江藤新平東京市長がこの事実に墨田公園、浜町公園、錦糸町公園をつくり100年の計に備えたのです。
江藤新平は「大風呂敷」と言われ震災を期に、東京をもとに戻すのでなく西洋に負けない都市計画を作成し、皇居を中心に環状道路、昭和(大正)通り、明治通り、靖国通りのインフラ整備したのです。

これらのインフラは幅30~45mの有ったのです。江藤新平の頭の中は常に100年先をみていたのです。
戦後の東京が焼け原に成り、インフラ整備の道路幅は江藤の造った道路幅はそれより狭く20~24mでした。
 長たる者はは100年の歴史に評価されることを考えよ。

ページ移動