Calendar

<< 2021/10  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

記事一覧

戦後75周年 戦没者慰霊祭と新型コロナの影

2020.04.22 (水)

 昭和20年8月15日、天皇陛下がポツダム宣言受諾と人間天皇の転換の詔が玉音放送で流れたのです。
 私は、3歳で記憶にはないのです。記憶をたどる戦後は5歳ごろから始まります。
 しかし、2020.8.15の75回節目の年にあたります。妻と共に「NHK」のTVを見ながら武道館で催された追悼式典に参列した気持ちで義父「宗春」を偲び黙祷を捧げました。
 昭和20年の今日も東京は32.6度あったそうです。皇居前広場に泣きくずれ、無念感・脱力感の写真は映像の記録です。

 このころ、私が理解できない不思議なことがニュースで流れていたことは、わが身で感じました。
 1.中央本線.三鷹駅の列車暴走事件
 2.東武線で国鉄総裁の不思議な死亡:他殺・自殺説
 3.小松川事件(解決)
4.新宿区 日銀支店 毒殺「昭和の岩窟王」事件

 3件の事件は迷宮入りです。

 昭和22年9月8日~9月17日カスリーン台風による利根川決壊。
 名称の件。当時は「米軍マッカサー司令官」の執政下で英国女性の名称だったのです。ローマ街道のアッピア街道がなずけられた同じ思想と思いました。
 その後にも9月にキテイ台風で八潮市・江戸川区・葛飾区で浸水騒ぎ。
 被害は死者1077人、行へ不明者1547人を確認。濁流に流される水死体も人も見ました。自衛隊の前身、警察予備隊すらなく、立ちすくむのみ。また、日当の時250円の時お米が60キロ15万円まで暴騰、母は、子供たちのためを思って泣く泣く払ったそうです。
 我が家は、10人家族・食費も加算だことでしょう。私が6歳の時のことです。

 官製落語があって、笑えぬ落語と評されたのです。招集令状が届き、男たちが「万歳三唱・お国のために皇軍入隊」女性たちは陰で泣く始末。戦争礼賛を煽る高村光太郎が昭和19年に出筆した子供向け雑誌が自宅に保存して在ります。
 検閲のため書かざるを得なかったか? 生きることは大変です。

 コロナで世の中が変わります。芥川龍之介「羅生門」の旅人が雨をしのごうと楼閣階上の老婆の姿を見て、生きるために「盗人」になろうと迷いながらなる話です。そんな若者が多くなることでしょう。戦後は、スリ、かっぱらい、詐欺、置き引き、強盗が多くありました。自宅のすぐ近くでもあり、怖いもの見たさに行ってみると部屋中が血だらけです。
 
 妻の母の本当にあった話です。嫁ぎ先で一夜の宿を戦友が求めて訪れ、先妻を殺害し強盗に成ってしまったのです。親切が仇になったのです。こんな事実を信じられますか。

 私が実体験した話です。ある工務店の依頼で鐘楼を手掛けたときです。仕事が終わり、住職の話です。彼はフイリッピン戦線に赴き、終戦近くで生きるために鬼に成って日本に帰還したそうです。
 戦友を食べたのです。その後、悩みの毎日を送ったのです。相続と宝くじで1億6000万円得ることができ、廃寺を取得して庫裡の修理と鐘楼を新築したのです。
 これで、やっと心が晴れたそうです。今は檀家が8件くらいしか無いそうですが、やっていく心ができたと喜んでいました。自伝も自費出版したそうです。
 こんな時代がコロナで再来しなければと思う一人です。

 妻と2人で宗春の死亡したフイリッピン・タングラッタに行ったときです。中曽根首相が友好記念と遺骨収集で訪問し、140万柱の夢ある若者の名誉の戦死を弔った友好の碑を見てきました。また、特攻兵のブロンズ像に百合の花を手向けてきました。多くの戦死者は銃撃戦・艦砲射撃・機銃掃射での戦死でなく、事実は90%が餓死者でした。
 特攻戦術もフイリッピン戦線で初めて実行され、本土決戦の沖縄戦々に転戦したのです。
 不沈艦大和の沈没、東京大空襲と原爆投下、ポツダム宣言の受け入れ、終戦の8月15日の昭和の大転換、戦後の朝鮮戦争を経て、グローバル化で飛躍的な経済の伸長、リーマンショック、現在のコロナ禍、ウィズコロナで米中戦争、その他、諸々の複雑極まりの世界が、戦争の影を落としています。

 恒久に平和でありますように願います。

 

 

おわりに

2020.04.22 (水)

 まだまだコロナが世界で拡散しています。急がば回れで政治と国民が一体となって、頑張った日本は終息に向かい、ほとんど抑え込みました。だが、油断し好き増えてきた。越したぞ100人コロナのクライスター。

 しかし、新たな問題も発生しています。小学生、中学生、高校生のスマホの便利さ、SNSの手軽さ、貧困問題です。また、巣ごもりによる、高校・中学性の性交渉の問題です。オレオレ詐欺の受け子の誘いです。
 年寄りが騙される事件の多発です。SNSの手軽さの問題など発生中です。まだまだコロナに起因する事件、隠蔽された国際間の問題です。米中のAI.貿易、国際法の順守、国防、ハーウェイ等々、欧米の温度差、中銀のデフレ、インフレの問題も。国家元首の言動により、大規模デモの争乱、富裕層の移動、移民、国と国の一触即発の状況下も発生しています。ロシアとの北方領土問も解決も見送られています。

 すべて、政治と経済の問題です。革新は人間の醜い部分を露出させます。地球人として日本人として世界が良くなる変革を成し遂げましょう。
 日本は医療分野・AI.物から事へ・環境問題・物流等世界に貢献できると信じてやみません。
 しかし、考えさせられることも有ります。大平さんとケネデイ大統領の会話の中で「日本は、戦後急成長したことを尋ねられました。大平さん曰く、歴史の中で度重なる自然災害を耐え、元に戻すのでなく、現状より素晴らしい社会、環境を作り出してきたのです。それが今あるのですと説明しました。ケネデイは首をかしげたそうです。今、九州・長野などでゲリラ豪雨による被害が相次いでいます。激震災害の指定を受け、復興はするけれど「革新・イノベーション」は存在しないのです。アメリカには夢があります。常にイノベーションがあります。立ち上がると、全く違った形になっております。日本企業は災害に保険を掛けるそうです。今コロナで、日本企業は世界でランクを落としています。アメリカ企業は順位上げているのと対照的です。イノベーションを起こしましょうよ。若い頭脳と企業を応援しましょうよ。それがしっぱに終わっても。.

       2020.7.12 :日曜日記す。 
 職人稼業の、ヨタヨタ老人のたわ言と思って、読んでいただき感謝いたします。

猛暑が地球に牙をむいた

2020.04.22 (水)

 2020年の猛暑は、殺人的だ!。7月・8月は合計2万人越す予想だ。
 なぜこんなに暑いのか。ニースの中で熱帯性高気圧が2階建てに居座ったのです。
 そのため、ゲリラ的豪雨被害が九州などに甚大な被害をもたらし、官邸も大わらわです。
 ペルー沖で海水上昇あり、2021年の2月は寒い予想です。高齢者にとっては、つらく感じ死亡率が上がるのです。

 米国カルフォルニア洲のデスバレーで殺人気温54.4℃、フランス・スペインでも40℃越す猛暑日が連日続いているのです。
 ILOが熱ストレスの結果、2030年までに経済損失250兆円の損失をはじき出しております。
 ロシアのシベリアで37℃を記録し、ブッシュファイヤー(森林の自然発火)が起き、地中のメタンガスが発火すること危惧しています。
 もし、メタンガス発火したとすると、10年くらい燃えさかり白熊は絶滅します。

 21世紀末には、海水面が1.1m上がり日本の国が小さくなるのです。太平洋、カリブ海の島々とっては脅威です。パリ協定の順守が紙面を飾ることになります。
 この暑さがアフリカ諸国にデング熱を媒介させる蚊を大量に発生させ、4億人が感染しているのです。
 私もアフリカ・ケニアに行ったときです。1日中携帯用蚊取線香を巻いていたのです。ケニアは、高地あり気温は軽井沢のようですがそれでもデング熱が恐ろしかったのです。

 2020年は新型コロナも加わり、世界経済はズタズタになったのです。各国で財政出動し、国民・企業を下支えに躍起です。
 国力の貧しい国は、国民・企業の支えられず、他国に頼り、あるいは子供たちが犠牲になり、労働・子女婚姻を黙認しているのです。12歳くらいの女の子が結婚しているのです。考えられますか。
 私はインドの友人に教えられ、結婚式も垣間見ました。
 アフリカ・インドなどでは、水運びは子供・女性が水運びの主役です。水は命の根源です。日本でも東日本大震災の時、東北の海岸の漁港が道路の寸断で米軍の揚陸(艦敵前上陸艦)に助けられたのです。
 

 
 

南極犬「タローの話」

2020.03.13 (金)

 映画の南極犬の「タロ:ジロ」の話です。昭和39年1月の九州旅行の時に出会った佐久間電機の御曹司、タロのどでかい冷蔵庫の道立植物園の事です。

 私たちは星野君と塚田君3人で北海道に旅した時です。まだ、日本が「おー1!猛烈!の時代でまだ、国道沿いにレストランやラーメン店が存在しない時代の事です。国鉄がドイツのワンダーホーゲル見習い旅行を推進し、北街道から九州まで周遊券を進めていた時代です。
 JTBが日本交通公社のと呼ばれていました。。東京タワーが出来て7年目のころです。

タロ&ジロの南極物語や東京タワー下の公園の南極犬たちの銅像や出来たのも私が青春を謳歌し恋心旺盛な頃の話です。

 そばで見るタロは子供を背中に乗せて、疾走するぐらいの堂々とした体躯でした。気性温厚で私が頬を寄せてもうれしいしぐさで尾っぽ振るのです。しかし、眼光は光を放ち堂々していました。

 今は、故人になってしまった照さんの面影を思い出しながら書いております。
 その後、春日部女子高の校門近くに屋根工事に行った講談社勤務のご夫妻の話は、違う一面のお話でびっくりしました。
 翌年、南極観測船「宗谷」でオングル島の昭和基地についた隊員たちは、タロ・ジロはが野生に帰って、恐怖を感じそうです。
 タロ・ジロの飼育係が数日間かけやっとの思いで記憶を読みが選らせたそうです。そして、ブリザード中の犬の帰省本能で助けられた越冬隊員の話は南極物語で涙を誘う場面でした。
 
 その後、JTB銀座ロイヤルで夏の南極に行った話は「氷山とペンギン王国」ご覧ください。

 

旅こそ我が人生」 扇谷芳雄出版 幻冬舎

2019.12.04 (水)

 人生って面白い。楽しい。病魔の苦しみの中で沢山のことを学んだ。旅に出たからこそ多くの人と出会えて、多くのことを学び、悔いのない人生送れるのだ。
 命の冷酷も学んだ。美しい天空も仰ぎ見た。大道で筵を広げ手書きの茶器を売っているおばちゃん、竹箒の様な筆で公園の石の広場に一心に漢文を書く千人の様なおじいさんの真剣な表情、神の様な存在だ。行ってよかった。
 旅こそ我が人生。旅こそ我が人生。旅こそ我が人生。
 インドで。値切った。値切った。真剣勝負。日本で絹の絨毯は100万円~150万近くする絨毯を20万円までプライスダウン。真剣勝負。請う制して万歳!!。
 水たばこも、吸った。キャバンサラエ、ハンサム&美女。
イスラムでは、女性は他の男性に顔を見せないように。今は何じゃってイスラム。時代は変わった。女尊男卑‼。
 イラン人は、ギリシャ系で鼻が高く、キスするときに高い鼻が邪魔して、鼻を低くする手術が盛んなのです。鼻筋に小さな傷のある美人は全員そうです。
 色白で褐色のアラブ人と似ても似つかないです。2500年の歳月も変わらないのです。今、日本人のルーツに興味を持っています。
 なぜ、他の東洋人と違うのか。出雲族は海路をイスラエルから移動した民族とか、大和朝廷は陸路を5000年の歳月をかけて、渡来したとか、埼玉県人は2500人の技術者集団が唐との戦いに敗北し高麗から移住しそうです。伊勢神宮にダビテの星の灯篭が数基ある事確認されています。考えるだけでわくわくします。

蔵町古河の散歩

2019.08.22 (木)

 古河市は関東領管、足利成氏が鎌倉より移り住み、古河公方として130年間古河領内の発展に尽くしたのです。しかし、深谷上杉氏と対峙し、戦で敗北し川越上杉氏を頼って争ったのです。。世の言う川越の野戦です。ここで嫡流の息子が討ち死にし、越後の長尾景虎を頼って、京への上洛を促したのです。
 古河には、民族歴史館や篆刻美術、街角美術館、直木賞作家永井路子の実家(資料館)や石畳の粋な小道や多く、白壁の土蔵があって散歩がてらに歩いて見たくなる風景が佇んでおります。
 また、他の街と違う明治のレンガ作りの蔵や小道、塀もあります。川越,喜多方、行田とはちょっと異なります。隣の野木町に日本屈指のホフマン窯あるせいでしょう。
 野木町のホフマン窯は、深谷市の渋沢栄一の東京駅や帝国ホテルなどのレンガを作った炉跡のホフマン窯より立派で乗馬クラブもあって、今でもファッション雑誌などの撮影に来ております。
 乗馬姿に緑青の屋根のホフマン窯、煙突、ゴールデンウイークにはカラフルな熱気球の競技も観られます。
 古河市のレトロな街は旧4号の沿線にあり、宇都宮線古河駅界隈あります。また、古河市の小道は城郭都市や人頭税の関係で間口が狭く、4メートル道路が多いのです。
 古河市は、猿島茶の産地であちこちの商店で猿島茶を売っております。
 川魚の甘露煮も有名です。正月のおせち料理に1品加えてみてください。歴史を感じる甘露煮のお店も沢山ありますよ。
 一度足を運んで見てください。驚きの自分を想像してください。

関根金次郎名人と将棋の駒の天童そして月山

2019.07.17 (水)

 子供が大きくなったので、妻と二人で開通したばかりの秋田新幹線で旅行したのです。山形で降り、駅レンターカーを借り天童に向かったのです。柘植の将棋と碁盤で有名な温泉地です。ダムのようなところに天に向かって吹き上げる噴水の景勝地で車を止めました。
 休憩し、疲れも癒され月山に向かったのです。天童は将棋の駒と碁盤の産地くらいの知識がなく、通り過ぎたのです。
 今では、東海道53次の浮世絵師安藤広重美術館、天童美術館、将棋資料館など見どころがたくさんあります。

今更ながら知識不足に驚いております。
 出羽三山は、月山、出羽神社、湯殿山の合社です。立派な拝殿あり、過去、現世、未来を具現する仏の世界で、阿弥陀如来、滝などがご神体です。現世から隔離され、世界感に浸れる神聖な場所なのです。

 天童市と言えば将棋の駒です。将棋と言えば浪速の縁台将棋師「坂田三吉」です。相手は関根名人です。その名人を飛車を用いて破ったのです。
 関根名人の出生地が野田市関宿木間ケ瀬なのです。墓も関宿の駐在所の向かい側の墓地にあります。今は、訪れる人もないと思います。
 坂田三吉の人生は、波乱万丈で丁稚奉公に行ったさきの坊やを賭け将棋に夢中になり怪我をさせ、お払い箱になったり、関根名人には勝ったのですがその弟子の負けてしまい王将に成る事ができず自らが王将だ声を張り上げ、関根名人の挑戦に応じ、最後にやっと認めてもらったのです。演歌、映画になった人物です。
 将棋の協会から和解後王将の称号を授与されたのです。坂田三吉の生涯に思いを馳せ、ひなびた街歩きも粋なものです。

ページ移動