Calendar

<< 2019/7  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

記事一覧

日光、徳川家光の大獣院を見た?。

2019.06.28 (金)

日光と言えば東照宮です。しかし、徳川3代将軍家光公が祀られていることは余り知られていないのです。霊廟輪王寺は、家康祀る東照宮と向き合って建立されております。
徳川15代のなかで、正室から誕生したのは家康、家光、慶喜の3人です。なぜ、向き合って建立されているかは、家康を慕っていたとも言われて居るからです。
家光は春日局に育てられ、幼少の頃は、ひ弱で秀忠の後継者(征夷大将軍)として疎まれ身の危険さへ有ったのです。
春日局と稲葉一族によって守られ「余は生まれながらにして将軍である」と言って豊臣方の大名を平伏させたのです。結果、武家諸法度や参勤交代の制度を定め徳川260年の基礎を創ったのです。
家光の大獣院は、上野寛永寺を始め日本の各地に「権現様」と同様あります。
東照宮は駿府(静岡県)久能山に葬られ、関八州の鎮守として戦乱、破壊から逃れるため、男体山の麓の日光に祀られたのです。
日光は3男「晋」が生まれて頸の座らない時に行ったり、芳光が受験の時やハレー彗星の出現の時、戦場が原の駐車場に毛布引いて空を眺めたり、妻と水入らずの熟年の旅など四季折々に訪れても素敵な観光地です。
大獣院は、坂東市の工務店の親睦旅行で魔除けの金製の剣を購入し、功徳で胆肝癌から生還したのでしょうか。(^-^)(^ー^)

足利市 日本の最初の大学「足利学校」

2019.06.28 (金)

足利学校は足利義兼によって創建されたのです。この時代は柱を削るために今の様な鉋(カンナ)無く、槍鉋でした。もし、鑁阿寺に行ったときに柱を良く見て下さい。もしかして、再建されているので創建当時の建物かどうかを見てください。江戸時代なると今の鉋に変わるのです。
この当時、足利学校は世界的に見ても大学として歴史あるのです。日本には足利学校より歴史ある大学は無く、世界的にみても11世紀に創立されたイギリス「オックスフォード大学」位だと思います。
エジプトはクレオパトラの産まれたアレクサンドリアは図書館です。 ギリシャに大学ではありませんが幾何学、天文学、哲学を教える王公、貴族、神官の教育機関はあったようです。
境内の鑁阿寺(足利氏の邸宅跡の)本堂、不動明王は国宝に指定されております。鐘楼、経堂は重要文化財です。
鑁阿寺の名前の由来は足利兼吉の改名の「鑁阿」から引用したのです。17世紀フランシスコ・ザビエルが大学として世界に紹介しているのは驚きです。

足利には、藤で有名な「フラワーパーク」もあり、冬は日本夜景遺産として登録されており、一年中楽しめます。
この園の園長のキャラクターが日経新聞に紹介されていたので妻と私は見に行ったのです。樹齢140年の大藤を4本移植したふっくらの顔たちの女性の腕を買われ園長になったのです。白藤のトンネルなど広大な敷地に5月の連休に咲き誇っております。

この足利には「伊万里、鍋島焼」の栗田美術館があります。2度目に行ったときはクラシックコンサートやっていました。栗田美術館に色々な建物があり、その内の阿蘭陀館の屋根の写真を撮影し、その写真が全国瓦連合会のカレンダーに掲載されました。\(^o^)/
足利は一日楽しめます。

久喜市 幸手市 古河市 瓦 瓦 リフォーム 葺き替え 修理 住まいの炉フォーム 外装 塗装 内装 クロス オオギヤ 全瓦連

結城紬の話

2019.06.27 (木)

小山市間々田の工務店の仕事で結城市に行きました。結城は戊辰戦争の激戦地です。結城は平安時代から続く織物の産地です。
私たちは仕事の合間、お茶を小さな紬小屋で頂きました。どうも薄暗いので建主に訊ねたところ織り目を確認するために「チラチラ」しない影光が良いことを初めて知ったのです。糸が真綿の(蚕の繭玉・絹糸で光る)ため、横糸の模様が型紙と確認出来ないのとのことでした。それで納得しました。

結城紬と関係無いのですが、飲酒運転もうるさくない時代でしたので仕事が終わると豚の粗肉を鍋でコトコト煮た酒の魚で酒を飲む毎日でした

従業員Hさんがジンマシンに成って困りました。下戸の私は大丈夫でした。
この辺りの結城紬は農閑期の副業として細々と歴史を刻んでいたのです。ところが明治6年(1874年)ウイーン万国博覧会で絶賛あび、価格が高騰すると生産者が増え、粗悪品が出回り困った日本の国は規格を定めたのです。
1.地機で織ること。
2.糸は真綿で織ること
この2点を決め良品を輸出できたのです。結城紬の機織りの見学は結城市商工会で尋ねると良いかと思います。

久喜市 幸手市 古河市 瓦 瓦リフォーム 瓦修理 瓦葺き替え 住まいのリフォーム 外装 内装工事 塗装 クロス オオギヤ 0480 58 0301

鏝絵と伊豆長七そして久喜市菖蒲栢間の鏝絵職人

2019.06.27 (木)

T建設の親睦旅行で、伊豆松崎の長八美術館に行く機会に恵まれ見学したのです。驚きました。米粒位の小さな鏝絵(拡大鏡使用で見学)から、寺院の八方睨みの天井鏝絵、彫刻のような立体的な鏝絵彫刻などもあって職人冥利に特別な時間をすごしました。

それから10年後位経ち、春日部の田村邸の屋根、壁漆喰工事を依頼されたとき関宿の石川左官が屋根の上で立ちすくみ、困惑していましたので、私は「伊豆長八美術館」を見学すること各部の名称が分からないと言われ、神田の古本やを見聞する事を進め、1年の歳月懸けて無事完成にこぎ着け、三枝春日部グラバー邸より景観賞を授与されました。
平成20年ごろ、九州に近ツリのツアーで軍艦島等行く機会に恵まれその後、妻とツアー離れ自分達で九州をレンタカー、特急列車の旅をして別府温泉のホテルで宿をとりました。湯船ある廊下を散策していると鏝絵が何枚も飾ってありました。説明書き見ると伊豆長八の流れをくむ、久喜市菖蒲栢山の左官職人の作品であってビックリしたのです。

帰ってきてからどのくらいだったか忘れましたが日経新聞に栢山の左官職人の記事が掲載されていたのです。彼もまた名人の域だそうです。彼の作品をと思って光子に相談したのですが「何処に置くの」と一蹴されました。

久喜市 幸手市 古河市 瓦 瓦修理 瓦吹き替え 瓦リフォーム 外装 内装 塗装工事 クロス工事 オオギヤ 0480 58 0301

久喜市の偉人と関東大震災

2019.06.26 (水)

本多静六は久喜市菖蒲の産んだ偉人です。彼は「公園の父」と呼ばれ、日本の有名な公園の大半を設計、施工しました。日比谷公園を始め、北海道の大沼公園、会津の鶴ヶ岡公園、埼玉の羊山公園、明治神宮を始め、日本の統治下であった韓国の南山公園、尉山公園など数えあげれば100を越えるのです。

NHK大河ドラマ「イダテン」(令和元年 6月)の時代です。(主演市川海老蔵、片岡愛之助)

静六はドイツに留学して、西洋の街作り(公園)を学びました。今の上皇さまと 上皇妃(美智子さま)やアメリカ「ケネデ―駐日大使」や映画: ラストエンペラーの愛心覚羅溥儀を昭和天皇が白馬にお乗りなって「大元帥」の軍服でお迎えした東京駅丸の内広場、御幸通りも清六の設計なのです。

彼は、裕福な菖蒲の農家に産まれましたが、幼少のとき父を無くし多くの借金が舞い込み、折原家は大変になったのです。それでも学問に励み教授から多くの事を学び実行したのです。

最近、田中前市長が菖蒲市庁内に「本多静六記念館」オープンしました。大正12年9月1日の関東大震災で日比谷公園の樹木で、一部の火災が鎮火したのです。
当時の 江藤新平東京市長がこの事実に墨田公園、浜町公園、錦糸町公園をつくり、100年の計に備えたのです。
江藤新平は「大風呂敷」と言われ震災を期に、東京をもとに戻すのでなく西洋に負けない都市計画を作成し、皇居を中心に環状道路、昭和(大正)通り、明治通り、靖国通りのインフラ整備したのです。

これらのインフラは幅30~45mの有ったのです。江藤新平の頭の中は常に100年先をみていたのです。
戦後の東京が焼け原に成り、インフラ整備の道路幅は江藤の造った道路幅はそれより狭く20~24mでした。

私とya_san (1)

2019.06.25 (火)

私は仕事がら面白い体験を経験しました。最初の出会いは野田市谷津の工務店の仕事でした。住吉会中里一家の跡目を継いだ住吉会連合の代表「堀政夫邸」の屋根工事です。彼の自宅は工務店と同じ坪内に居宅が有ったので新築工事を委託されたのです。見た目には、一般住宅より少し大きな住宅なのです。
工務店オヤジの話ですと屋根裏部屋が鉄火場に成っているそうです。困ったのは棟の上につける鯱ホコが対でなく1匹でした。玄関切り妻の屋根に施工してくれとのことで、通常は最上階の棟に「阿吽」つまり、向き合っての施工です。

私と従業員の土方さんで話会い、通常の逆の門に向かって、鯱が口を開け、威嚇している姿に施工したのです。Okでした。堀氏は平成2年、私と同じく「肝硬変」で死去したのです。酒をの飲む機会が多いので仕方無いのです。

平成3年関宿のk材木店の弟が、堀さんの関係の不動産屋でした。何の理由解りませんが「自殺」をしたのです。堀さんは「ヤクザはお天道様に脊を向け、日陰を歩く者」と内政不干渉を貫き今でも野田の住吉会は、行政から公共工事請け負い「清水建設、鹿島組」を1次下請けするほどです。
話は芸能界です。ヤクザと関わり持つことは知っておりました。ビートたけし
さんが住吉会の堀事務所に何かのことで謝罪したことを知りました。

私とya_sann (2)

2019.06.24 (月)

話が長くなったので区切りました。
今度は春日部の「ya_sann」の話です。春日部市庄和のk工務店です。新築の屋根工事でヤクザの女将さんと工務店の社長さんが中学のとき、同窓の関係で依頼されたそうです。如何にもヤクザの屋敷で350坪位の敷地でした。小雨が降ってきたので座敷に上がらせて頂きました。話が骨董の話になり、私が乗りだすと大平洋戦争末期に鋳造され、使用されなかった「陶器」のコイン見せてくれました。
また「大政官札の金1両」と刻印ある細長い札を見せて頂きましたが分かりませんでした。明治初期の紙幣でした。江戸時代は金の小判や文銭は映画をみて
知っていました。はじめて見る明治の紙幣です。全然知らず聞き入るばかりです。
旦那さんはひょろっとし、長身の方でヤクザの親分に見えませんでした。映画の見すぎでしょうか。その後屋根工事は、無事完了しました。
3年位経ったでしょうか。火事になり、飛んで行きました。2~3人の若い衆が片付けをしていました。如何にもヤクザのお兄さんの格好で本当にヤクザなんだ思いました。
私と従業員のyと二人で焼け落ちた瓦の選別に行き、使用できるか音で見分けしたのです。「職人」の職は耳で聞いて戈で戦う字です。
後実談ですが3/11の震災で棟瓦が崩れ施工に行ったのです。

もう一つ有るのです。雨の日に家から古河に向かう途中栗橋~さいたま線の高柳で追突されたのです。彼いわく、警察に届け無いで欲しいと言って「免許証」を見せていただき、妻に来てもらいました。光子の言うことには「ヤーサン」みたいと言っていました。彼は誠意もって処理するといっていたので別れ電話番号、住所、氏名を聞き別れ翌朝電話をすると「何処に電話してるのか」言われ「家はヤクザさん」と言われ光子の言ったのが当たっていたとおもいました。
でも、事故処理はチャンとしてくれました。

ページ移動