Calendar

<< 2019/11  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

記事一覧

秀麗富士に見送らて浦賀水道を行く

2015.04.04 (土)

クリックしましょう。太陽光発電を推進しよう!「鷲宮神社とラキスタ」
 http://blog.with2.net/link.php?720512
上記アクセスをクリックしていただけるとブログ掲載の励みに成ります。宜しくお願いいたします。
ラキスタ 一番!屋根リフォーム 2番
久喜市・加須市・杉戸町・宮代町・羽生市・幸手市の皆さん
鷲宮神社にお参りに来てね。
連絡先は埼玉県久喜市
FD0120-58-9901  TEL 0480-58-0301
写真をクリックしてね。大きく成るよ。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
  埼玉県社(アガタヤシロと読む)「鷲宮神社とラキスタ」
昨日、統一地方選挙が全国で告示され、選挙戦に入った。
この旧鷲宮町内からも、梅田修一君が立候補したのです。
青年会議所の関係で光子と2人で駆け付けたのです。

久喜市長の田中さん・青年会議所の諸氏・など大勢の支援者が
参集しました。
最後に、げきを飛ばして、拍手の中、出陣しました。
5人の候補者で2議席を争う激戦です。
自民党の推薦を得られず、無所属の出馬です。

昨年の11月より久喜市内の駅頭に立ってビラを配ったそうです。
20%の人が関心を寄せ、受け取ってくれたそうです。

しかし、県議会議員の投票率は25%しかないそうです。
いかに低調かわかりますね。

住宅取得層の屋根瓦への関心もこんなものかもしれませんね。
命を守り、快適な生活を守る屋根です。
もっと関心を持っていただきたいと思います。
                                                                        
ファイル 1403-1.jpg
甲板のロッキングチェアでご満悦の光子

ファイル 1403-2.jpg
風力発電の雄姿に見送られて。
ファイル 1403-3.jpg
かっての東京湾の水揚げ港の姿を少し留めておりました。
今は、小型船の一般貨物の取り扱いと思いますが。

ファイル 1403-4.jpg
コンテナ船の行き交う浦賀水道の秀麗富士。

ファイル 1403-5.jpg
凪いだ海を小笠原に針路を向けて。
太陽光を推進しよう会の「 新瓦博士」

当社ホームページは
http://www.ogiya.co.jp/です。

連絡先は埼玉県 ラキスタ一番! ヤネリフォーム2番
FD0120-58-9901  TEL 0480-58-0301

小笠原諸島に豪華客船「日本丸」で行く

2015.04.03 (金)

連絡先は埼玉県久喜市鷲宮中央1-19-10
FD0120-58-9901  TEL 0480-58-0301
久喜市・加須市・羽生市・杉戸町・宮代町・幸手市
白岡町・蓮田市の皆さん旅のブログも見てください。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~http://blog.with2.net/link.php?720512
上記アクセスをクリックしていただけると掲載のブロクの励みに成ります。宜しくお願いいたします。

写真をクリックしてください。拡大しますよ。

  雨漏り奮闘記 さいたまの瓦工事
屋根が一番大切だ。人の命を守り財産を守るのです。
家族の健康を守り、だが災害の度に家の倒壊の負の側面だけをメデアが流すのです。

東京は広いですね。竹下桟橋から1000kも離れた「小笠原諸島」まで東京なんですよ。
小笠原村の車のナンバーは「品川」なんですよ。
もちろん、飛騨の合掌つくりのような武田の落人部落がる「秋川渓谷」も東京都下なんです。

世界の経済の№2も東京なんです。

ところが、豪華客船は東京湾にかかる「レインボーブリッジ」は
高すぎて通過できないのです。
その為、竹下桟橋からでなく、横浜港の大桟橋から出航するのです。
昔、大学が神奈川大学だったもので、このあたりはよく散歩したものです。

昔の面影は、山下公園と赤レンガの県庁・シルクホテルが
面影を残しております。
数奇な運命をたどった「80歳の氷川丸」が係留されております。
洋上に浮かぶ船としては、世界最高齢だそうです。
いまは、新しい横浜の顔が誕生し、観光都市横浜に変貌しております。
 

ファイル 1402-1.jpg
日本丸に乗船前に撮影

ファイル 1402-2.jpg
日本丸のレーダー

ファイル 1402-3.jpg
日本丸の甲板で両手を広げ横浜港の遠望と光子

ファイル 1402-4.jpg
飛行機のような乗船タラップ

ファイル 1402-5.jpg
三井大阪商船の社旗と日本丸の書かれた船首部分

埼玉の屋根屋です。

当社ホームページは
http://www.ogiya.co.jp/です。
クリックしましょう。
連絡先は埼玉久喜市
FD0120-58-9901  TEL 0480-58-0301

菩提樹 長久寺

2015.03.25 (水)

http://blog.with2.net/link.php?720512
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 
瓦は1400年の歴史に中で、このままでは、技能者が育たない。瓦は震災。戦災。火災。多くの災難を乗り越えて、瓦が日本の街並みを支えたのです。そして今があるのです。
TEL0480-58-0301 瓦も軽量瓦がありますよ。
ご連絡お待ちしております。
大きくすると写真も素敵ですよ。ぜひ見て。写真をクリック。

歴史の中で、瓦は何度となく浮沈の中で生き残り、今は
外国人が古い街並みを求め観光に来るのです。
川越の観光客は、70%ましとか言って街並みの商店街は潤っております。
しかし、コロニアルの街並みは外国人が振り向きもしません。
なくなるものは、郷愁を感じるのです。
日本の和瓦の棟積みは、世界に類のない工法を生み出し、
庶民の家屋に普及し、15年前まで主流だったのです。
1400年の歴史が崩れようとしております。
今、全瓦連を先頭に和瓦の棟積み工法を世界歴史遺産に
申請しております。

神戸の震災から20年・東日本大震災から4年です。
太陽光発電システムの普及によって、また、個の家族構成によって、(大家族制から一家族の構成によって)片屋根の屋根が主流になりつつあるのです。
伽藍建築に残る荘厳な建物は、外国人観光客に受けておるのです。
黒い瓦も日本・韓国・中国にあるのみです。

この黒は、還元焼成による技法なのです。

ファイル 1401-1.jpg
真言宗智山派 のぼうの城で有名になった忍城主、14代
成田顯泰の開基。
成田顯泰が忍城築城の際、忍城の鬼門として武運長久を願い
建立した。
長久寺扁額

ファイル 1401-2.jpg
平成の屋根替えの時、降ろした鬼瓦を展示してあります。
約3畳敷きの大きさです。

ファイル 1401-3.jpg
長久寺本堂は平成の瓦葺き替えの際、本葺き瓦に戻しました。
この長久寺は山門から本堂が直接見ることができず、
松島の瑞巌寺(戦の時最後の砦の役を果たす戦時用の伽藍です)の造営と同じ縄張りで作られております。
瑞巌寺は伊達正宗の戦用の伽藍建築です。

富田家の墓は本堂の正面にあり長久寺の檀家の中でも
好待遇を受けていた証です。
本家富田家の墓は10畳敷きの広さです。
光子の富田家も4畳敷きの広さです。
富田家は江戸の初期からの墓と考えられます。
きっと、成田氏開城から、松平氏に城替えのころ、土着したものと考えられます。


                           

久喜市・加須市・白岡町・杉戸町・羽生市・古河市・熊谷市の皆さん応援してくださいね。
連絡は0120-58-9901 または0480-58-0301

豪快な春のパノラマ。一度はご覧ください。

2015.03.24 (火)

 http://blog.with2.net/link.php?720512                                       
上記アクセスをクリックしていただけるとブログ掲載の励みに成ります。宜しくお願いいたします。
連絡は0120-58-9901 または0480-58-0301
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
『久喜の瓦屋さん雨漏り奮闘記』
TEL0480-58-0301
ご連絡お待ちしております。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
この春の萱場の葦焼きを、田中正造の雄叫びの紅蓮の炎が
立ちあがるようであった。
田中正造が衆議院議員にまでなって、足尾鉱山の
垂れ流す酸化銅が、渡良瀬川流域の村々の田地田畑を
荒廃させ、かって利根川の合流地点の谷中村の魚形多かりし川までも、ウナギ・フナ・鯉・ドジョウ・ザッコ類までも死滅させ、
田中正造はなすすべもなく、最後は明治天皇へ直訴に及んだのです。
しかし、願いかなわず、捕えられ、麹町警察署に入獄となり、
釈放されたのです。
この事件は、当時の読売新聞が直訴状の全文を書いてくれたのです。
直訴状は、無理を言って、田中正造が、社会主義者の名文家「幸徳秋水」に書いてもらったのです。
この話は、日本初の公害・鉱毒事件なのです。
「窒素の水俣病」阿賀野川の「イタイイタイ病」四日市の喘息
今は語り話になってしまいましたが、私が15歳~20歳の50年前の日本の公害事件なのです。
今の中国を笑えない現実があったのです。
この話は、私にとって、炎を通じて葦焼き・公害・初期の製鉄
「踏鞴製法」焼き物・瓦の炎なのです。

鉄を作る製法にたたら製鉄と言われる古代製法があるのです。
中央アジアにタタール人という民族がおりました。
その人たちが坩堝(ルツボ)を利用して作り、シルクロードによって日本にもたらされ、渡来人たちがネイテブの民族をほろぼし、または融合して現在の日本人、大和朝廷ができたのです。
昭和30年代まで、瓦の製法の一部に踏鞴(タタラ)と言われた
製造工程があり、なぜかと疑問を持っていました。
それは、坩堝ほどの高温の磁器でなく,陶土で鉄を作ったからなのです。

一度、田中正造の谷中村の惨状を読んでください。
谷中村は廃村となり、東京を水害から守る防波堤となったのです。
村民たちは北海道に移住して、その孫の代の村民が、北海道の
開拓のつらさに耐えきれず、昭和の60年代から平成に入って
今の栃木県に舞い戻ったのです。
故郷の風景と温暖な環境・水にぬくもりを感じたのでしょう。
しかし、100年近い歳月は赤城おろしの様であったと思います。
そして、自分たちはなんだったんだろうとふさぎ込む旧村民も多かったことをここに記します。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
写真をクリックすると拡大されます。
ファイル 1400-1.jpg
滔々と悠久の時を刻む渡良瀬川葦原に紅蓮の炎が立ちあがりました。

ファイル 1400-2.jpg
幾筋もの黒煙を上げて、葦原は新しい芽吹きに
春を待つのです。

ファイル 1400-3.jpg
水門が、しっかりと東京都民を水害から守っておる番兵なのです。
巨大な水門を、大きな黒煙が暗幕のように私たちから遮蔽してしまいました。
こんな水門が数基建設されております。
広大なこの葦の原も東京都民の守り神なのです。
さしずめ、東京都の北西の鬼門です。
北の玄武に当たります。
玄武とは亀と尾が蛇の幻獣で、矛と巻きつくを意味し、
鎧をたとえ、槍が突き刺さらないことです。

                           
ファイル 1400-4.jpg
川辺に半茂した立木を超える燃え盛る炎。
10mはゆうにあると思います。

ファイル 1400-5.jpg
警戒に当たる消防署のライトバン。
黒煙の凄さを比較してください。

太陽光を推進しよう会の「新瓦博士」
当社ホームページはhttp://www.ogiya.co.jp です。
クリックしましょう。
久喜市・杉戸町・白岡・蓮田・春日部・古河・幸手
羽生・加須のこともアップするよ。
FD 0120-58-9901 

豪快な春の風物詩・渡良瀬遊水池にの葦焼き

2015.03.23 (月)

クリックしましょう。日本の屋根瓦を世界歴史遺産にを推進しよう!「鷲宮神社とラキスタ」
 http://blog.with2.net/link.php?720512
上記アクセスをクリックしていただけるとブログ掲載の励みに成ります。宜しくお願いいたします。
ラキスタ 一番!屋根リフォーム 2番
久喜市・加須市・杉戸町・宮代町・羽生市・幸手市の皆さん
鷲宮神社にお参りに来てね。
連絡先は埼玉県久喜市
FD0120-58-9901  TEL 0480-58-0301
写真をクリックしてね。大きく成るよ。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
  
足尾鉱毒事件の舞台、谷中村の跡地が今は谷中渡良瀬運動公園に
なって久しいです。
 オーストラリアのグリーン島で知り合った八重子ちゃんも今は2人の母親になり、悪戦苦闘をしているのです。

 オーストラリ知り合い、7人で遊びに来た当時は、また、荒涼とした葦の生い茂る風景を見せていました。
 赤城降ろしの西風吹きすさぶ、その堤防から見る赤富士は素晴らしものでした。

 今は加須市近在のスポーツ公園として、明るい運動場に変身しております。

 日本最初の公害として、古河鉱業を相手取り、田中正造が全生涯・全財産投げ出し戦った舞台なのです。

 渡良瀬川と利根川の交差する川の盆地・旧谷中の跡地なのです。今でも、谷中村民のお墓・村役場の基礎が残っており、
 西風の吹く、冬の季節は心まで、冷え込む風景がそこの有るのです。

 田中正造の切ない、雄叫びのように赤城おろしが吹きすさぶのです。また、春には年中行事の萱焼きがあり、旧谷中村の村民たちの慟哭とも言える紅蓮の炎と黒煙が渡良瀬のあちこちで吹き上がる姿は、悲しみと呪いのようにも思えます。
 萱焼きの日程は、新聞に掲載されますので一度見学に行ってはどうですか。なかなか見ることのできない風物詩です。

                                                                        
ファイル 1399-1.jpg
燃え盛る足を遠望する住民

ファイル 1399-2.jpg
カメラに葦焼の豪快な春の風物詩を撮影するアマ写真家

ファイル 1399-3.jpg
豪快な噴煙を上げて立ち上る黒煙

ファイル 1399-4.jpg
水蒸気を含んだ白煙も黙々と龍天を突くがごとくです。

ファイル 1399-5.jpg
眼前に広がる黒煙に圧倒されました。

太陽光を推進しよう会の「 新瓦博士」

当社ホームページは
http://www.ogiya.co.jp/です。

連絡先は埼玉県 ラキスタ一番! ヤネリフォーム2番
FD0120-58-9901  TEL 0480-58-0301

真っ白な雪の処女地の湿原を走る湿原号

2015.02.27 (金)

ドナルドキーンが尾道の坂の風景を絶賛したかご存知ですか。
彼にとって、日本瓦の黒はヨーロッパの素焼きの赤と違って、
黒の素焼きのまだらが鮮烈に目に飛び込んできたのです。
京都、奈良は日本独特の風景なのです。
斑鳩の5重の塔は石の文化圏の人にとっては、赤と黒の対象の建造物は素敵に映るのです。
和瓦をもっと大切に致しましょう。I

今、川越の蔵の町は、東京からのちアクセスが良く、外国観光客がふえて、市の財政はホクホク顔3がおおくなったつか。

埼玉の屋根屋さん「住まいの基本は屋根にあり。屋根は文化だ。芸術だ。」
久喜市・加須市・白岡町・杉戸町・羽生市・古河市・熊谷市の皆さん応援してくださいね。
連絡は0120-58-9901 または0480-58-0301

屋根のことならお任せ「新瓦博士」!
当社ホームページはhttp://www.ogiya.co.jp です。

 【ワシントン=矢沢俊樹】米連邦準備理事会(FRB)のイエレン議長は25日、前日の議会上院に続き下院金融サービス委員会で定例の議会証言に臨んだ。低迷する物価動向について、米労働市場が引き締まるに従い「向こう2、3年で(物価上昇率が)目標の2%に向かう」との見方を示した。そのうえで低インフレ下でも「利上げは検討できる」と語った。

25日、ワシントンで議会証言に臨むイエレンFRB議長=ロイター
 議員との質疑でイエレン氏は、米の物価上昇率が2%を大きく下回っている理由について「ドル高と原油価格(の下落)で輸入物価が低下していることが非常に大きく影響している」と説明した。ただ物価下落の動きは「一時的」であり、中期的に雇用の勢いが続き期待インフレ率も安定するとの自信が持てれば、利上げは可能だとの見解を示した。

 イエレン氏は米経済の巡航速度(潜在成長率)が低下していることについて、高齢化などによる労働力投入の鈍化に加えて「生産性の伸びも非常に緩やかだ」と分析。潜在成長率の低下が「(米経済の長期停滞を示す)ニューノーマル(=新たな定常状態)だとすれば非常に憂鬱なことだ」と懸念を示した。

 所得格差問題についてイエレン氏は「米にとって深刻な問題で、ここにいる全員が懸念する問題

TEL0480-58-0301
ご連絡お待ちしております。

ファイル 1388-1.jpg
私が小学校の頃(昭和23年~29年頃)はSLがほとんどで、
踏切にはおばさんがいて遮断機を降ろし安全を図ったのです。
先頭の機関車には「SL冬の湿原号」の記念のエンブレムが掲げられ
2000年の竣工の文字が見えます。

ファイル 1388-2.jpg
雪のSLは絵になります。
昭和35年高校の修学旅行に蒸気機関やいったのです。
丹那トンネルは、窓を閉めて、それでも脂っこい匂いが
客車の中に充満に、すすに香が顔かすすけたものでした。
丹那トンネルは長く3分近くかかったのです。
東京駅を11:30頃出て、京都にあさの8:00頃到着したのです。
バスに乗り込んで、京都見学でした。

ファイル 1388-3.jpg
白煙を上げるSLの湿原号の前でで撮影

                           
ファイル 1388-4.jpg
粋な計らいで、ストーブ列車になっていて、スルメを焼いて食べられるようにスルメまで売っていました。

ファイル 1388-5.jpg
光子がどうしても「釧路」の文字をと壊れ撮影しました。

埼玉の屋根屋さん。屋根屋は瓦・樋・金属屋根。OKです。
久喜市・加須市・白岡町・杉戸町・羽生市・古河市・熊谷市の皆さん応援してくださいね。
連絡は0120-58-9901 または0480-58-0301

帝国ホテルから鎌倉八幡宮へ

2015.02.24 (火)

HTTP://BLOG.WITH2.NET/LINK.PHP?720512
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 
瓦はどうして不要な物の言い回しの「瓦礫」のようだと言われなければいけないのでしょう。
瓦には焼き物として、太陽光線が通過すときに、遠赤外線になるのです。
遠赤外線は体によく、金属・スレート系に屋根材に比べ、実験の結果ハツカネズミの生存率が長いのです。
まして、瓦は焼き物として、長寿命・耐候性・耐久性・遮音性・耐熱性に優れ1400年もの歴史があるのです。
健康を考えたら、瓦に勝る屋根材は存在しないのです。
また、瓦屋根は、地中海の赤瓦の景観、京都の町屋の家並み、
川越の蔵造りの景観、クールジャパンとして、海外からも厚い視線が注がれています。
TEL0480-58-0301
ご連絡お待ちしております。

戦前は、丸の内は皇居を見下ろす建物は禁止されておりましたが、今は地価の高騰と人間天皇を宣下した戦後の昭和天皇の時代になり、今は帝国ホテルの窓から、皇居の2日の一般参賀のお立ち台を望むことができます。
 帝国ホテルのサービスは、すごいものが有ります。不安を感じるとすぐに客室係が不安を解消してくれます。

 ホテルの中で迷ってしまい、うろうろしておりますと、客室係が
寄ってきて、自分たちの部屋まで誘導してくれました。

 ホテルの部屋の窓から眺望する銀座界隈の景観も素晴らしいです。ホテルをゆっくり出発して鎌倉八幡宮に向かい、初春の参拝客でごった返しておりました。八幡宮の、頼朝が政子のために設計し若宮大路は海に行くほど狭くなっているのです。遠近感をより出しているのです。
 当時の鎌倉は天然の要塞でした。前は海で、後ろは切通しのあい路で大群が奇襲できなかったのです。しかし、北条時宗は、蒙古襲来の軍功に恩賞を与えられず、武士団の不満を止められず、武士団の不満をまとめ上げた新田義貞は神の御信託のように刀を沈め全軍に言い聞かせ、鎌倉幕府を、遠浅の砂浜駆け抜け倒し室町幕府を樹立したのです。

ファイル 1383-1.jpg
有楽町と銀座マリオン

ファイル 1383-2.jpg
皇居のお立ち台を撮影

ファイル 1383-3.jpg
江戸城の櫓

                           
ファイル 1383-4.jpg
鎌倉幕府の守り神・鶴岡八幡宮

ファイル 1383-5.jpg
静御前か北条政子の懇願で義経の為に舞った神楽殿と
実朝が公暁の刃に倒れた銀杏は彦映えが大きくなっておりました。
史実は当時の銀杏は細く身を隠せなかったようです。

公暁も実朝を倒し三浦氏の門をたたいたが北条氏との戦に勝つ自信がなく、公暁を招き入れず源氏三代は呪われた、末路となったのです。

その後、北条氏は北条実時の後の16代に財政負担と家臣団に
褒章を与えられず、新田義貞に敗れ、室町時代となるのです。

埼玉の屋根屋さん。屋根屋は瓦・樋・金属屋根。OKです。
久喜市・加須市・白岡町・杉戸町・羽生市・古河市・熊谷市の皆さん応援してくださいね。
連絡は0120-58-9901 または0480-58-0301

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
日本株、下値不安封じる公的マネーの安心感 
 24日の日経平均株価5日続伸した。昨年12月24日以来、2カ月ぶりの5日連続上昇だ。23日の米国株安などを考えると、24日の日本株は「スピード調整」で売りが優勢になってもおかしくなかった。上昇の力強さは特に午後の取引で目立ち、ある株式トレーダーは「公的マネーが買いに動いたようだ」とささやく。日銀といった公的マネーが下値を支えてくれるとの安心感が投資家を強気に傾けているのが浮き彫りになった。

 日経平均は前日比136円高の1万8603円と連日で昨年来高値を更新した。前日比の上げ幅が100円を超えたのは午後の取引になってから。「大きなクジラがまた動き出したようだ」。クジラとはGPIFをはじめとする資金規模の大きい公的マネーのこと。噂が駆け巡ると、株価は一段高となった

屋根のことならお任せ「新瓦博士」!
当社ホームページはhttp://www.ogiya.co.jp です。
クリックしましょう。

ページ移動