Calendar

<< 2021/10  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

記事一覧

小学校に入学して

2021.02.01 (月)

戦中生まれの私達は貧しさのどん底でした。
 まだ、農耕馬が砂利道をのんびり歩いて、長閑な時代です。江川の脇に竹藪があって相沢馬喰(バクロウ)があって馬の爪を切ったり、馬蹄を打ち込んだらしていた時代です。

 毎朝、太田さんのおじいさんが藁ズトに入った納豆を笛を吹きながら売りに来たものです。

午後4時頃になると柳橋の田口さんの欅の下で紙芝居のおじさんが熱弁を振るい、餓鬼どもは今のアニメさながらみたものです。
 見物代金は5円で水あめ買ったものです。水あめこね真っ白になるとガムを貰えたのです。

 私と言えば、毎日、母からこずかいを10円もらって、やっと口に入るっ鉄砲玉と金太郎飴とガラスの入れ物に入った手焼き煎餅、そのほか数点でした。しかし、子供にとって悩みながら買ったものです。
 今みたいに並んで登校する事なかったのです。でも、ガキ大将がまとガヤガヤ話しながらまめたものです。

 東武線の踏切あって、黄色・黒のバー上げ下げしていた物です。

 踏切の脇に相沢商店があって消しゴム・ノートを買ったものです。

 まだまだ下駄の時代です。下駄は中学卒業まで履いていました。
雪が降ると大変です。高下駄の歯の間につまり、取ろうと思って砂利道に突っかえると歯が折れて歩けないのです。仕方ないですが足袋で歩くと冷たくて泣きたくなります。

 校内は今みたいにスリッパがなく草鞋でした。そして、長い廊下を雑巾がけしたのです。私は寒がりで手・足にしもやけができ、私にとって廊下の雑巾がけは「地獄」でした。

コークスのダルマストーブは冬の教室のロウソクの明かりのようでした。周りを囲んでおしゃべりでした。
 小春日和の時は、西風避けて温もりを楽しんだのです。校庭はすぐにつむじ風巻き込みクルクル回り赤ちゃんの竜巻がアチコチ発生したのです。

 私たちの担任は関根先生と言って女性でした。4年に入って大学受験に失敗した。詰襟の高校生の先生でした。大熊先生と言って翌年は再受験で退職の時に私・小暮君・伊藤安子・間下紀久子さん誘って久喜町に行き、林写真館で記念写真撮ったのです。生存しているのは私と小暮君だけです。その時、初めてウオルトデズニーのカラー映画『ダンボ・禿山の一夜』驚きながら見てきまいた。

 当時は、ナトコと言って、視聴覚教育の一環と言って学校の校庭に筵が敷かれ白黒の映画でした。

 当時の学校は、木製でドイツ下見の近代建築です。屋根はひし形の天然スレートの感じです。

 校長は土屋先生です。写真を見ると下駄にモンペ姿です。

遠足は歩いて2キロくらいの大輪の松原です。お弁当を作ってもらって楽しんだのです。遠くに東北線の汽車が走って、陸奥(みちのく)への夢を膨らませたのです。旅が実現したのは21歳ドイツのワンダーホーゲルのお蔭です。国鉄で周遊券を発売したのです。

 いろいろ友と出会い・別れ味わい楽しっかった時代です。
 北海道の佐久間さん、京都の松本さん、まだ、電話もない時代に実家は電話あり、東京の瓦屋と取引あったのです。急ぐ必要が在るときは電報をしたものです。ツートンの時代です。
 しかし、相手と繋がるのに2間以上かかったものです。昭和36年日本ユニーカーに就職した当時でさへ電話交換士は花形の職業でした。

 隔世の感があります。

 お米は米穀通帳持っていかないと買えない時代です。結婚しても続いたのです。今では考えられない時代です。

 のどかな時代は20歳頃まで続き、法隆寺の5重の搭も登れたのです。中尊寺の秘仏・中尊寺も上屋もなく周りのガラスの囲いもない時代で須弥壇の天女の転写もでき、黄金文化を築いた藤原3代の仏像もまじかに見ることができ、上野の寄席は撮影OKです。柳谷金五郎・一龍齋亭鳳・お笑い3人組屋・森山加代子の写真も撮影しました。

 まだ、戦後の名残もあり、浮浪児がヒューム管で寝泊まりあったようです。(昭和30年代)上野で傷痍軍人がアーコデヨン引いいたんです。義兄の泉瓦店の近くの神田川の思影橋の袂に3m位の不発の不発弾があったのです。今は、撤去されました。

 東京の至る所に電気トロリーバスが走り、交通の足に成っていたのです。その後、地下鉄ができ、車の急速に普及し撤去されました。時代の流れですね。
 

私とカスリーン台風

2021.02.01 (月)

 昭和22年9月8日(1947年)マッカーサー統治下の元、英国風に台風名称が女性名でした。

 私は小学校上がる前の出来事です。私は井戸と釜土のの中庭に居ました。天気秋晴・快晴ででした。突然サイレンがけたたましくなり、大人たちは大水だ直感したらしく、東京に行った泉が「見てくる」と言って自転車で砂利道を飛ばしたのです。もちろん栗橋方面です。

 1時間くらいたって帰り、堤防が切れた。と言って、「まず水の確保」と言って風呂にを飲料水を張りました。蓋を閉め、板金やの作った温水器(太陽光)にも上げました。

 七輪、炭を二階の廊下荷揚げ、慌ててていました。仁平たちは中二階に仏様を上げたのでしょう。もちろん、茶器、布団もです。日用品を含めてです。
 泉さん夫婦は鷲宮小学校に避難したのかもしれません。

 食べる物がない。翌日当りと思うのですが、大木町長と母の弟『永田嘉平」が田船でおにぎり配ってていた記憶があるのですが、鷲宮と水深の境の川の「中川」で大水は止まったのです。
 子供だった私は戸板を縄で縛り、船頭気分で遊んでいました。
 水が引けて前沼の魚がいなくなり、雑排水の溝で魚が逃げ場を失い、捕まえた記憶があります。

 久男兄から聞いた話ですが、急いでさつま芋の収穫したのですが水につかった薩摩芋は「がりがり」です。でも、食べる物がないのです。

 大水は、ナイヤガラ滝のように1mくらいの高さで押し寄せるそうです。
 靑毛堀で一時間の余裕がができるそうです。

私の幼いころの思い出

2021.01.31 (日)

 私の母なる実家。
 それは広い土地でした。母は3反壱畝(1100坪)あると言っていました。町道から江川までと言っていました。
 向かい側にかって永田嘉平の家(母の弟)あり、当時の日本は長男相続でした。

 田口常次・江川の橋のたもとに鈴木庄店ありました東武線の鷲宮駅まで貨車で東京・鎌倉あたりまで瓦を出荷していたのです。瓦工場多かったために瓦耕地とも呼ばれておりました。
 実家(母やす)は永田嘉平が父熊太郎の死の間際に子供が多いからと言って、長兄の扇谷音二郎から相続財産をもらったそうです。

 後で判ったのですが、大正時代・半分は高橋医院より騎西から来町した時に借り受けたのです。良くは解らないのですが戦後、仁平は3文弁護士頼んで東側(現砂原小側)の渡辺ミシン工場と自宅を退去させたそうです。

 私達が寝起きしていた2階は、30坪くらいと階下が土練る工場があり、階段の突き当りにボトンのトイレがあり、階段上は3畳くらいの板の間・階下にモミ殻敷き込んだ「室」がってサツマ・ジャガイモ・玉ねぎが収納されていました。

 2階の踊り場は3畳ほどで布団の収納と茶器等があった記憶です。母やすは松崎文子さんという捨て子を育て、起居を共にしていました。
 無学ですが頭が良く私は勉強を教わりました。

 2階の奥は北側に2畳くらいの廊下・南は6~8畳部屋でした。そこに6人寝起きしてたのです。中二階の家と2階建ての間に物置と卓球台・風呂が有り、当時としてはこれでも良い方だったのです。

 仁平の住まいは、北西に仏様があって長兄が毎朝仏様を拝んでおt利ました。次が食堂で東側が土間の釜場でした。
 南西はトイレ・床の間付きの客間・上がり鼻・叩きののコンクリート床・電話がありました。ロボットのような大きい代物でした。境に神棚が祀ってありました。

見えない敵にどろどろの政治が絡む。

2020.09.01 (火)

 アメリカの大統領選挙も差し迫り、日本の総裁選挙も20日足らずにになって、コロナによって人の暗部があぶりだされてます。
 日本人の美徳もどっか片隅には、羅生門の鬼が現れることを八十路なって学びました。
 企業も必死になって利益を求めています。零細企業や観光・ホテル・流通・航空も政府に懇願しているが、0%の金利で銀行は貸し倒れを懸念することしきりです。

 トランプ大統領はバイデン氏の欠点を探し、自分の実績を三蜜どころか集会を開いて、中西部の白人労働者に気をかけ、票の上澄みを計っています。態度未定の有権者に食い込み、勝利しなければなりません。コロナの免疫態勢ができ、全米の感染者は思惑通り減っています。(ブラジルの減少傾向には驚きですが・・・・。)
 日本の国民は、委縮し、金なし、暇あり散歩・ジョギング「GO
TOトラベル」批判を受ける。老人大国、若者不足、総1億活躍時代も看板に見合っていないです。

 早くワクチン出来ないか。アストロゼネガ・モデルナ株価も沈んでいるよ。EV社のテスラとスマホのアップル上昇してるね。老人には辛い世の中、スマホなければ在宅ワーク出来ないよ。
 本社移転・狭小事務所.ちっちゃな事務所でOKさ。

 金持ち、凄い生活見せつけられた。60億、最もでっかく150億、豪華クルザーがぼんぼん売れる地中海。バイヤーにんまりもっと広まれコロナ。言えないけれど。

 北の勇者の阿部貞任・宗任(源義家・清原連合軍に前九年・後三年の役に敗北)その末裔の阿部さんもやっぱり知恵者だね。京都の貴族を内倒し、策士としても立派です。菅官房長官後継ぎに、開票またづに決定や。石田も岸田も惨敗や。中国、習近平どんな顔するかな。プーチンは喜ぶニコニコと。阿部首相あの後白河天皇そっくり、うまい時期選んで隠れた辣腕すごいね。
 こんな想像、あたるかも。勝てば官軍・・・・。
 石破さん・岸田さん敗北宣言どうするか。神のみぞ知る。.
  

はじめに

2020.07.05 (日)

 2020年1月ごろ,中国武漢での新型コロナウイルスの話題が日本のメデアでに流れ始めたのです。
 そして、突然2月14日、横浜メリケン波止場に寄港しているクルーズ船の話題が報じられ、下船不能の状態になっていることを始めて知ったのです。
$FILE2
 私も、初めはそれほどで気に止めませんでしたが、1日中TVが報じるようになると、これはただ事ではないと感じ、父熊太郎が経験した、関東大震災、母の東京大空襲、私の記憶しているカスリーン台風の利根川決壊、阪神大震災、東日本大震災のように「語り継がなくては」と思いに駆られ、ブログを書き始めたのです。

 今を思えば、記録を残し良かったと思っています。
 100年に一度の体験です。私人として、状況、経済、政治、風刺、思いつくまま「徒然草」の如く執筆いたしました。筆を執り始めた頃はは、自分の青春時代の思い出の旅行記を書くつもりでした。ところがメデア・紙面でコロナの話題が多くなり、突然話題を変えて、職人として違う切り口で綴りました。お叱りは100も承知です。馬鹿々々しいとお笑いになって結構です。

 我々が、知っているようで知らない童話の世界、、実は、長い歴史の中で、民から民に語り継がれた真実が隠されて、幼児にも理解しやすいように口伝で伝えられたものなのです。

 まして、浦島太郎伝説は日本の国史として、稗田阿礼が大和朝廷の管理下の大王が支配していた国々の話を聞きだし、口伝で伝えた世界最古の童話でギネスブックに認定されているのです。

 しかも、童話は国よっても違うのです。人類はまだ猿人だったアフリカの「ンゴゴロ」で飢饉が起こり、食料を求めて、世界の各地に拡散したのです。
 拡散の何万の中で、度重なる山火事の後、逃げ遅れた動物、鳥、貝、魚類などを食べたのです。食のおいしさを知り、火を使いこなし、人類に変化したのです。人間の誕生です。イノベーションです。

 今回のコロナもイノーベーションを生むのです。人類滅亡・発展をかけた闘争が幕を切ったのです。
しかも、隣国中国武漢で発生したのです。武漢は何処にあるのだろう。調べてみました。湖北省長江とその最大支流の漢江と合流地点です。風光明媚な1000万人のメガシェテイです。
 日本の中華街に祀られている関羽の築城した都市で三国志の世界です。諸葛孔明が赤壁の戦いで火焔の戦術で魏・呉に勝利した有名な場所で武漢城内だけでも20万人が生活を営んでいるほどです。

 現在は、商業、工業、文教、交通の中心地機能持つ副省都です。一度は観光に訪れたい場所です。この武漢から、1人青年医師の報告から始まり、しかし、社会を惑わすと逮捕され、獄中死亡したのです。これが、不思議なウイルスのはじまりです。

$FILE1
 そして100年後、200年後の私の末裔、読者の子孫がこんなことがあったのだと思い解して頂けたら幸いです。
 この状況下で語ることはできますが、まさかパンデミックになるとは思いもよりませんでした。

コロナ禍の記録を残す。人生最後の使命感

2020.07.03 (金)

 今のコロナも100年経てば、過去の話で聞いたことがあるね。そんな歴史感覚です。
 父、熊太郎は、関東大震災を経験し、企業は半年過ごせる(事業資金=社員の給与+経費+税金)余裕資金を持てと事業のリスクを長兄(仁平~私)に引継ぎました。
 父熊太郎は鷲宮小学校の建設資金1600円の半分800円を出し旧鷲宮村に貢献し、今でもインターネットで「扇谷熊太郎」(76年前に故人)と検索するとアップするのです。

 4/27の日本経済新聞に、コロナで「機関投資家」が雇用維持を呼び掛けた。世界45ケ国の年金基金の運用会社「国際コーポレート・ガバナンス・ネットワーク」でさへ、雇用の維持が出来なければ「超優秀な人材が他社に流れ、その会社の「将来リスク」が増幅されるのと話しています。リーマンショックの時に希望退職者を
募り日本は経験済みです。

 戦後の事実ですが、生保・損保が蓋を開けたら「玉手箱」白煙上がって空手形。浦島太郎も驚く世の中だったのです。
 祖父米作が可愛い孫娘のためと思って「嫁入り保険」に加入し、戦時国債、150円購入したのす。(現在の600万円相当) 

 今でも、戦時国債は郵便局に持参すれば、換金してくれます。コーラーも1本買ってどうなります。祖父は実直・質素、国が困っているからと購入したのです。しかも、私の妻の孫は「嫁入り保険」でブラウスを1枚買ってチャラになりました。戦後の新円切り替えの被害者です。

 また、教育受ける権利や(国民はハーバード大を卒業の資格取得等、行政官庁へ行かずに自宅でパスポート申請・受け取りができる時代が来るのです。そんな時代が目前にあるのです。
 
 今、世界は、高度な手術でさへ「マニュアル」見ながらロボット依る手術が可能なのです。

 コロナ後の世界がどう変わる。教育、納税申告、納税、事務系、営業、塾等々が急激な変化に追随できない人々が増える事でしょう。
 
 TV、古典芸能、博物館、美術館、歌舞伎、落語なども、実際に今でさへ、3Dプロジェクターを使えば可視が可能なのです。
 自宅で、ワインを飲みながら6Gの時代になれば、立体映像さへ可能なのです。そうすれば、博物館・美術館、歌舞伎、落語見る人が減ることが考えられるのです。世界一のハリウッド映画でさへ将来の展望が開けないのです。ウオルトデズニー・ソニーミュージックもリーマンショックの時にソニーを救ったドリームがありました。
 今のソニーは、本社ビルをはじめ日本各地のビルの売却をニュースで見ました。八岐大蛇のようにもがいて「世界のソニー」変身しようと苦悩しているのです。

 今、企業はSDG持続可能な開発目的(環境・貧困・飢餓・.エネルギー・気候変動・平和的社会)を第一目標に掲げ始めています。

 ドイツのメンケル首相は、国民に今回のコロナ禍で、祖父・祖母・母・父・パトナー等々実際の生身の人間にかかわる問題ですと国民に語り掛け、一過性でなく有名人の死や病院で亡くなった少女・幼子の命の問題であり、国民全体の問題として、連帯・協調が必要と訴えたのです。

 阿部首相と小池都知事、あるいは6都府県知事も同じで、日本全体の国民の命の問題と捉えてくださいと会見しているのです。私一人ぐらいと考えてはいけないのです。ここは、近所の公園も行くことを控える踏ん張りどころです。

 アメリカのトランプさんは6Gの世界構築を掲げ、中国を突き放したいのです。私も望む1人です。中国の新シルクロード、特に海のシルクロードは海洋覇権が見え見えです。アジアの発展途上国は財政負担に耐えかね握手しそうで心配です。土下座してでも国民に飯を食わせ、自分の功績にしたいのでしょう.インデラ・ガンジーさんの聖地に行きました。感激を覚えました。

 私見ですが、晴耕雨読、読書をしましょう。ブログを書きましょう。

世界最古の童話「浦島太郎」伝説を追っての旅

2020.07.03 (金)

 昭和37年神奈川大学に入学し、授業の合間に東神奈川のアイススケート場に行ってコケいました。
 東海道の傍らに浦島太郎の石像あります。近くに「慶雲寺」あり、寺には浦島太郎に関する観音像・巨大な亀や浦島中学校や亀石や太郎の涙石ある成仏寺という寺もあります。

 今は、ベイエリアとして「ガンダム」や若者のデートコース・マンションの林立す場所に、かって遠浅の東雲海岸に竜宮城から帰ってきた海岸があったのです。それだけではなく、鹿児島県開聞岳の海岸に浦島伝説があって、20歳の時にした九州旅行を思い出しています。

 新婚旅行で行った、天橋立の丹後半島(伊根町・船宿)が浦島伝説の発祥の地です。
 
 浦島太郎は足利5代将軍義政時代、禅宗と共に、謡曲、能などによって庶民に広まったのです。
 驚いたことに、日本の15都府県に形を変え、遺跡・神社・伝説があるのです。海のない長野県にも存在するのです。

 海彦・山彦の豊玉姫伝説も浦島伝説なのです。話は亀が鯛に変化しています。浦島伝説は沖縄の各島に存在し、亀は琉球では(沖縄)神的存在で大切のされ、琉球=竜宮に通じ、白砂と美しい海があります。最近の話題では首里城が漏電火災で焼失したことがニュースになりました。

 浦島伝説の背景は兼好法師の徒然草の最初に似ていて興味津々です。浦島伝説は英国で翻訳され、ヨーロッパにひろまりました。 

 浦島伝説は、日本書記に記録されているのです。日本書紀は西暦700年代に書かれた、国家事業で、平安遷都(京都)の桓武天皇が治めた前後の時代で丹後半島の風土記の記録です。
 また、桓武天皇が東大寺発願したのは平城京で大火の後、疫病の蔓延と僧の横暴が目に余ったかなのです。
 インドから開眼導師として、バーラードヴァージャを招聘したのです。
 日本書紀、古事記は、奈良の平城京が大火で焼失してしまった関係で、稗田阿礼が勅命を受けて地方に漢文、倭漢字、口伝として残る物語をまとめ、学者たちが精査の上で記録されたのです。 文中には学者の私見も垣間見る事ができます。

 浦島太郎でなく、浦島子として登場するのです。きっと、仏教伝来とともに入ってきた報恩感謝や蓬莱思想を受け継いでいるのです。
 元々の話は、中国揚子江流域に存在している民話が朝鮮半島を経て、日本に持ち込まれたのです。
 その証拠に竜宮城は、中国の架空の竜(天地)の館です。中国の故宮博物館の棟には、仙人を先頭に麒麟、鳳凰、玄武、竜、朱雀、天馬、海馬、シビ、等が隅棟飾りとして存在します。このような視点でカメラを覗いて下さい。

 丹波国の学者長官(今の大学教授:美濃部都知事のような人)(連=むらじ)伊預部馬養(いよべのうまかい)が、中国の説話を訳としたのではないかとも言われております。

 主人公の浦島子と亀比売(カメヒメ)の話は仙人世界の風流人と絶世の美女の官能の話です。土産のもらった玉手箱を開けて白煙がたち、蓬莱山では3年が人間界では300年に相当し、あっという間に年を取って帰ってみたら故郷の景色は一変していたのです。また、倅が呆けて遊びに行ったそんな話を聞いたことあると村の長老の話になっているのです。

 浦島伝説も面白いと思いませんか。人間は、遊んでばかりいてはいけないと子供に諭す童話なのです。何故、こんなことを思ったか。韓国の友人で故人になってしまった「催 奉根」さんの話に韓国の童話は、他力本願で自分で努力して何とかしようという話が無いのです。いつも中国の威光の前にひれ伏して、属国外交が歴史の根底にある事を教えられました。

 日本の童話は、桃太郎、一寸法師、金太郎、大国の命の話、みな自力本願で事を成就します。国によって幼児の育み方も違うことを実感したのです。20年以上お付き合いさせていただき、ご子息さんの結婚式に呼ばれたのです。

 妻沼の聖天様に素晴らしい浦島伝説の彫刻があります。国宝です。一度ご覧ください。埼玉の東照宮と言われております。
 

ページ移動