Calendar

<< 2021/11  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

記事一覧

たわ言.戯れ言・全部つめちぇへ

2021.11.15 (月)

 毎日よくある糸のこんがらった事件・無差別殺人・・・・

 死にたければ、一人で死ねないアホが多いこと。

 貧乏人が多いんだね。つまるところ。

 無人スパーパー、これも、ひどいのはエコバックごと万引き

 自分じゃやわからないと思っても、監視カメラが御存じ。

 すぐ110、馬鹿だね。それも若い世代のいたず修正可能だけれだ  
 ね。

 小倉 真さま・圭さまJFK空港 到着. 羽田空港・大騒ぎ・ツバメのヒナの様・・・・・・。

 JALの飛行機撮影して喜んでいる馬鹿に呆れたよ。来年弁護士

 受かるかな。女の紐尻の下。アメリカの弁護士試験甘くないよ。

 

無駄口   馬鹿だな

2021.11.02 (火)

 細田内閣誕生!。株価年末にかけて上がりそう。

 経済が上向き。良いことだけでなく給与も上がる。

 おおぎや眼科も困る事ことでしょう。もう、いい加減にしろ。一番

いいのは知識ありきだ。下手な鉄砲も数撃ちゃ当たる。

 金新宿で猿に尻を巻かれて警官小馬鹿にしてサ!。アハハアッハッ

ハッハ

  ハロウィーン。車火を巻き火大アアテ。1日過ぎりゃ、また事件

文屋や嬉しなき。

恐れしい時代の始まり

2021.09.23 (木)

 目に見えない事象が私たちを覆う時代の到来。

 インドのシャルマさんのお宅に行った時に娘たちに言ったのので

す。既存の事業の64%がダメになる。まさか古典芸能は大丈夫とです

と言い切った。・・・・・。しかし、オリンピックまでが無観客。国

技の相撲までが、

 世の中は甘くなかった。学者でさえも想像しなかったでしょう。元

には戻らない。パソコン、スマホアプリ、新幹線、共産主義、習近平

アフリカ、貧困国にひも付き援助、国連さえも操ろうとする。TTP加

入を目論む。アメリカはイスラム過激派グループ「タリバンから撤

退」

20年戦争は終わった。ベトコンのダナン陥落に陥落にどこか似て

いる。ダナン陥落・日本は難民受け入れず。

 金持ち・米軍頼りの民主主義軍、惨敗・日露戦争のロシア軍みた

いだね。

ちょいノマ借りるよ

2021.08.04 (水)

 いつのまにか年を取り 死ぬこと叶わず  
  
    チョット先さへ判らず、曜日・日にちの感覚

      新聞を見てやっとわかる。

  啄木の嫁さん(節子)死ぬ間際  中々死ねない

    窓を開けてください。

  集団就職列車、京阪神向かって 地方から集まる

    成れて中小企業の親父殿

      大卒は高級官僚威張ってて

         人間選挙なれば  同じ1票

           落ちればただの人

            受かれば先生 様様

     年取れば カーちゃん言う事

       聴くが得アッハッハッハ

         これ常識

      戒名彫刻  彫刻見てわかる

     坊主まっさを  樹木葬  海に散骨

       墓じまい  相続人  居ても来ず

        坊主 一人金払う  涙ぽろぽろ

    コロナ・暑さで  死にそうだ

     午後の試合にやっとなった。

   コロナの注射 3回成って安心さ

     今回のオリンピック  大蔵省

   首をかしげる麻生さん

    菅の御ちゃん 知らん顔

      赤顔無知いいところ

    菅首相 読み違え 評判落とす選挙が心配

      女の首相 出るかしら ガラスの天井

     敗れるか  同だろう

そして今

2021.08.03 (火)

 1958年11月23日  東京の式場で式を挙げで光子と結
婚。

当時は男性はお決まりの洋装、光子は角隠し,三々九度の杯を神主

から頂いき愛の誓いです。写真撮影で仁平の妻、文江がそっぽを向

いていた。違和感があり鮮烈な思い出です。

 これも、嫁・姑のなせる業。今はどちらも故人。南無阿弥陀仏。

 いやなことは忘れよう。

不動岡高校の理科学部の仲間たちはどちが速いか?賭けをしてい

たそうです。
 
 当時の新婚旅行先は南紀が相場でした。

 南紀は会社の旅行で行ってつまらない想い出が有ったので、山陰

選択したのです。当時新幹線が東京―大阪が走行始まったばっかり

でした。今では北海道・九州・秋田・新潟日本列島、近くなった

よ。

 生まれて初めて乗る心地よいこと。まして新婚旅行。

 京都で降りて駅前の法華倶楽部に宿泊。(京都タワーにあるよ)

 翌日は、山陰本線に乗車、三保松原で光子が自転車に乗って松原

の先端まではしゃいでいた。

 若いことは何でもできる。鳥取砂丘の広大な広さに驚いたので

す。

(シルクロードのタクラマカン砂漠はモットでかくて150Kのスピー

で4日ケ日。運ちゃん交代で運転。我々バスでごろ寝。)

 人間の姿が黒い点に映っていたのに驚いたのです。

 当時は鳥取には嫁にやるな。そんな言葉あったのです。

 当時の鳥取は貧乏でした。今では、8桁農業と言われるくらいで

す。豊かな農業の代表です。
 
 因幡の白うさぎと大国さんで有名ですが、白兎海岸国道に分断さ

れて見る影もありません。

 菊のご紋神社が観光客を呼んでますが。

 今日の宿泊大山に向かいました。枯れ尾花が美しい光景で迎えて

くれました。当時関東地方では丸いお豆腐見かけなかったもんです

か仲居さんに聞いて笑われた記憶があります。
 
 旅の夜風に吹かれ温泉につかり体を癒しました。

 何もかも楽しかったです。

 翌日は萩へ行き松下村塾に行き明治の壮絶舞台を連想したのもの

でした。

 明治も今では、過去のものです。江戸城が篤姫のお蔭で無血開城

戊辰戦争は上野寛永寺で始まり北海道の函館戦争で終結したので

す。土方歳三見事な最後。

 総大将の榎本武揚はオランダから持ち帰った国際の法律の本「海

律全書」官軍の黒田清隆は受け取り函館戦争は終わった。しかし有

識者いたためか斬首は許さず江戸送りですませ、後に榎本は文部大

臣に任ぜられロシアの行ったものです。

 明治時代開いた萩城へ行き往時を思い起こした。

 翌日は蒸気機関車に乗って靑海に向かった。のんびりしてまし

た。旅の風情がありました。

 松と青い海の織り成す風景でしたがあまり記憶がありません。

 ジーゼルカーに乗り換え秋芳洞・秋吉台へ向かった。

血塗られた土曜日 鶴見列車火災事故&炭鉱の火災事故相次ぐ

2021.03.23 (火)

 汽車から電車に変わり時代は益々スピードを上げながら変わって

行ったのです。

 「オー 猛烈!」などの言葉がはやり、ボウリング場もピンスポ

ッターで手作業から自動化になり、誰もがボウリング場へ押しか

け3時間待ちの状況でした。ハイカラ気分を味わい味わったので

す。

 しかし、鶴見で列車の火災事故が発生し、死者161名負傷者120名

を出したのです。当時の列車は扉を開けることができず、上下に上

げる小さな窓に押しかけ、東京大空襲の神田川に飛び込んだ心理と

おなじです。

 私も能登へ行ったとき芳光が他人の後追いして、降りたとき窓か

ら飛び降りようとしたが出来ませんでした。もし、飛び降りたら死

んでいたかもしれません。急行列車の次の駅で光子も停車したらホ

ームがなく剣を背負って、目線3mから飛び降りたのです。相当怖

かったそうです。

 能登の旅行は色々ありました。次の駅で急行列車で折り返し駅名

忘れましたご夫婦で駅員やっていました方が泣き顔の芳光あやして

おりホットのです。

 大牟田の三井炭鉱で458人が落盤で亡くなり新聞で「血塗られた

土曜日」報じられたのです。

 3年ぐらい前、軍艦島に行ったときに思いを新たにしました。

今は上陸もかないません。思った時に実行しないと観光でさへでき

ないのです。小笠原の父島も同じようです。米軍の機銃掃射受け

た座礁船は70年の歳月で海の中に消えてしまったんです

 人間も同じで寿命で亡くなり、忘却促す為に戒名あるのです。

 私が屋根リフォームをした蓮田のAさんの奥さんは生前の名前に

してくれと遺言を残し亡くなったのです。遺族はどんな気持ちでし

うか。でも、忘却は訪れる事でしょう。

東武線謎の怪死事件続く三鷹列車暴発・小松川事件・朝鮮戦争

2021.03.14 (日)

 下山事件事件など戦後4年、世相があれて、何処にもぶつけられ

ない嫌な事件が多かったのです。

 子供のせいかうわつっらは理解できても詳しは解りません。

 それでも、太陽は昇り、雨が降ったのです。

 昭和26年2月22CMの積雪、太平洋側では大雪で木柱電信柱が

20本近く倒れ、復旧も遅れ、寒い日を過ごし、ランプ生活でした

私にとっては1ヶ月位復旧に懸かった記憶です。長くつの無い時代

です。

 来る日も来る日もランプの火や(ほや)掃除をした記憶残って

います。9歳だったんです。瓦干し場の雪はいつまでも置いて

おくわけにいかず3輪車で江川の捨てた記憶です。

 10歳の時に、洞爺丸海難事故、ほとんどの乗客が海の藻屑でsた。南無阿弥陀仏。鉄腕アトム誕生です。好いこと、悪いことで

も良く重なりました。

 遅れる事、昭和50年北朝鮮と南は大韓民国(金日成:李承晩)

それで共産主義者の怪事件が多発したのですね。

 町中は美空ひばりの歌声で明るさを庶民を癒したのですが、

闇市が多く、スリ・かっぱらいは日常茶飯事、10円で女性の

あそこマッチが消えるまで見えた話も聞こえてきました。

 韓国は北朝鮮の攻撃で首都ソウルソウル陥落、マッカサーが

一時原爆使用を考えたのです。ところが時の米大統領トルーマン

がマッカサーを解任、有名な言葉に「老兵は去るのみ」。

 毛沢東も北京に引っ込んで大3次世界大戦は泡沫に帰して

良かったのです。

 小学校の登校時にB29の編隊が南に飛行するのをよく見かけ

ました。実家の渡辺ミシン工場も大量のボタンを縫製していたの

を覚えています。

 母やすは小炭で鼻の穴まで真っ黒にして炭団さんに売って、

5人を食べさせてくれたの

です。

 啄木のように「働けど、働けど、楽にならざる。」でした。

ページ移動